中国の若き獅子たちへ

 

 

 愛用のドイツ製 切り絵用ハサミ 杏もお気に入り

 

 

 

             中国の若き獅子たちへ

 

 天安門事件の詳細は中国本土では殆ど見られない。勿論検閲があるためであり、事後どのようなことが起こったか、何故かくも酷い格差社会が生まれたのか、このところ反日デモに参加している若者たちは全く何も知らされていない。今回北京で開かれた中国共産党第17期中央委員会第五回総会で、習近平国家副主席(党政治局常務委員)が党中央軍事委員会副主席のポストに抜擢され閉会された。国家・共産党の重要ポストに加え、軍事指導者としての地位を固めたことは、あなた方の近い将来に極めて重要な意味を持っていることを知るべきである。幸いこのブログは中国から多数のアクセスがあるために、多分賢明な多くの諸氏が読んでくれるものと思い、忌憚なく、遠慮なしにコメントしたい。

 反日デモの発端は、革命第三世代である鄧小平氏が政経分離を打ち出し、今日の繁栄に結びついているのだが、その後の第四世代である江沢民氏が提唱し徹底学習させた反日教育によるところが最も大きいものである。事実ちょうど今のあなた方がそうである。第五世代である胡錦濤主席は近隣諸国と連帯と連携を打ち出していたが、軍部が納得せず、本来の保守派である習氏に白羽の矢を当てたのである、習氏の奥様は軍人であり、最も有名な歌手でもある。これから更に日中関係は緊張関係になるだろう。習氏と言えば、我が国の宮内庁にある去年一ヶ月予告ルールを無視し、12月強引に今上天皇に拝謁したその人である。

 こんなにも豊かになったはずなのに、学卒でも就職出来ず、都会と農村部の貧富の差が激しくなったのは、一体誰のせいだろうか。天安門事件以来ひた隠しにされてきた超高級官僚たちの存在を指摘したい。文化大革命で一旦失脚した彼らがその後復権し、特に天安門事件以降強烈な利権を掌握し手放さなかった。彼らは電力もガスも公共事業の利権も一切合財一手に担ってきたのだ。たった1%未満のエリートと称する人々にである。その子孫を「太子党(たいしとう)」と言われる極僅かなエリート集団で、今回選出された習氏はその代表格である。巨大な市場はこの僅かな人たちの手中にある。利権の輪の中に入った人は短期間で巨額の財をなし、それに落ちこぼれた民衆は限りなく貧民に喘いでいるのだ。そればかりか地方にいる小役人ですら、その多くが苦しむ民衆から悪辣に搾取し平気の平左である。

 偉大なマルクスが聞いたら、きっと腰を抜かすことだろう。北朝鮮では三世代にわたって世襲が行われ、中国政府は一貫して反対をしていたが、金雲日氏(三男)を堂々とお披露目をしたところを観ると、中国共産党は黙認したようである。そう言えばそうだろう。巨大な利権の上にアグラをかく太子党を中心とした現在、いやいや近未来の中国政府こそ、北朝鮮とどこが違っているのだろう。同じ穴のムジナでしかない。反日教育で成長したあなた方は本来政府そのものに向けられるはずのエネルギーはトンでもない間違いを犯しているのである。一党独裁主義を告発し、民主主義を勝ち取ろうとし、投獄され、ノルウェイ政府からノーベル平和賞を受賞した劉暁波さん、その奥さんも今でも北京自宅で軟禁状態である。国家統制とは名ばかりで、実質一部の高級官僚の支配下にある君たちは、可哀想である。ウサ晴らし半分の反日デモに現を抜かしている場合だろうか。今日食べる糧、明日食べる糧にもこと欠きながら、偉大な歴史のある中国国家の尊厳を、自らが冒涜し破壊していいのだろうか。これが国連の常任理事国の正体で実態である。

 レアアース問題は欧米にも飛び火した。国際的に尖閣諸島は中国固有の領土だと主張し妥協しないつもりだろうが、明らかにWTO協定違反の大きな問題である。私はあなた方国家の迎賓館である釣魚台に宿泊したことがある。ご一行さまに一棟まるまる使って戴く処遇には大変感激した。特に正門にいる或る衛兵は釣魚台境内に入れる三千輌に及ぶ車両のナンバーをすべて掌握し記憶していることには驚かされた。食事も、ミシュランなら三ツ星に間違いないだろう。多くの中国美人にも驚かされた。だが一切門外には出られず、どんなに窮屈な思いをしただろう。私は二度と釣魚台には泊まろうとしなかった。まことに大きな国家だが、まことに拙く幼い国家でしかなく、革命第五世代となる習氏の動向を見定めているが、君たち若者も、もっともっと大きな目を持てる勇気ある国民に成長して欲しい。清王朝時代末期、世界を見る目があったなら、上海などに租界は出来なかっただろうし、阿片戦争などという馬鹿にされた歴史を持つことがなかったろう。無論日本などという小国にも圧政に苦しむことはなかった。

 魚釣島は一島(国家所有)を除いて、他の島は日本の、一般人の固有の土地である。拡大主義には必ずいずれ限界があることを認識すべきである。中国政府系ハッカーが当ブログを狙い撃ちするのに、私は全く恐れてなぞいない。チベット侵略反対!高級官僚による利権の独占に反対!役人による腐敗支配に反対!新疆ウルグァイ自治権を認めよ!中国の果てしない軍拡反対!民主活動家弾圧反対!国際法無視の貿易摩擦反対!世界と連帯してこその繁栄がある。君たち若者の獅子たちよ、明日の正面に向かって勇敢に進め!!

広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中