弱法師(よろぼし)

 

 

 弱法師 イメージ

 

 

 

 弱法師(よろぼし)

 

 

 

名曲で難局の一つ「弱法師(よろぼし)」が今月28日に水道橋の宝生会館で演じられる。

シテは人間国宝・三川泉。囃子方も蒼々たる方々だ。今からどんなに楽しみに期待していることだろう。

一芸は一時であり、失敗もあれば成功もある。だが三川師には成功しかありえない。

今は亡き名人・近藤建三師から教えて頂いた能らしい。きっと寂びの花も開くことであろう。

 

88歳になられる三川さんの演能を早くこの目で見たい。

櫻の仕事の時季、漸く仲間からお許しを頂いて見に行くことになり、

早く三川さんの能を見たいと今か今かと思っているが、

多分三川師は、楚々とした弱法師を、堂々と演能されることであろう。

あなたにも是非観て欲しくて、パソコンを叩きました。だんだん!

 

 

広告
カテゴリー: 芸術 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中