涅槃会(ねはんえ)

                          国立博物館所蔵 『ガンダーラの仏陀』

 

 

 

涅槃会(ねはんえ)

 

 

 

旧暦2月15日は お釈迦さまが亡くなられた日とされています 今では新暦の2月に釈迦の入滅の日とされているところが多くなったようです

櫻の歌人・西行の辞世の歌のように言われている『願はくば花の下にて春死なんその如月の望月の頃』と言う有名な歌は お釈迦様が亡くなられた頃

如月(2月)の 然も花(櫻)のもとで死にたいものだと歌った歌でしたが 如月とは2月?だったら櫻は無理でしょう思われるかも知れませんが

これは旧暦の2月でしたから 新暦からすると 3月になってしまうのです 従って理にかなっているわけで 西行は最期の地・南大阪の弘川寺で

自ら望んだ日に ぴたりと照準を合わせたかのように亡くなっています 多分櫻の花も爛漫と咲いていたのでしょう 幸せな方です

 

この釈迦入滅(にゅうめつ=死)を涅槃(ねはん)と言い その日行われる法要を涅槃会(ねはんえ)と言われています

涅槃は単なる死と言う意味ではありません サンスクリット語で「ニルヴァーナ」を音訳した言葉で 火を消した状態のことを言いますが 

すべての煩悩を消し去った=涅槃の日と言われています つまり煩悩の火から 永遠の安らぎを得た日であると言うわけです

 

お釈迦様は我々の煩悩を 生老病死を普遍のテーマとし 中でも貪(どん=むさぶること)・瞋(じん=いかること)・痴(ち=おろかなこと)の

三つの煩悩の炎を明らかにして戴きました それを断ち切ること(六波羅密の修行と自戒) 更に因縁・宿縁から自由となり 

切磋琢磨して 戒めを守り そして菩提(さとり)を開く救いの道を教えて戴きました このような御仏さまのご遺徳に対し感謝し報恩する行事が

涅槃会(ねはんえ)と言うことになります 私たち高野山では『常楽会(じょうらくえ)』と呼んでおりますが 意図は同じです

私たち本来持っている清らかな本性になる為 煩悩を断ち切って 迷いの淵から脱し 清浄なる歩みを誓う日でもあります

 

お釈迦さまは 王族のご出身で 戦いはいつ果てるともない世の現状を観て 幼くしてこころの修行の旅に出られます

断食地獄や様々な苦難の末 35歳の12月8日に悟りを開かれます それから45年間 インダス川を中心に布教の日々が続いていました

80歳となられたお釈迦さまは 我が身の永くないことを識り 弟子たちを連れて生まれ故郷のカピラ城へ向われました その道中の記録が

大般若経となって結晶しているのですが ベーサリーで激痛に襲われ 死の予告を受けられます 然し尚も歩みを止めませんでした

カックッター河で沐浴をされ疲れを癒された後 ビハール州のクシナガラにあるサーラの樹林(沙羅双樹)に入られ 枕を北に向けられ

力尽きて横になられます そして最期の説法を弟子たちにするのです それが遺教教として残されていますが やがてお釈迦さまは亡くなるのです

その時弟子たちの哀しみは頂点に達しました 経典には大地震が起こり人身の肌が鳥肌が立ち 天上では自然の鼓(つづら)が鳴ったとされています

お釈迦さまの入滅はこの世のすべてのものたちへ 深い哀しみをもたらしたことだったでしょう この涅槃会では釈迦入滅の図が飾られます

横たわるお釈迦さまの周囲を取り巻く十大弟子たち 老若男女から 無論諸尊・諸菩薩や鳥獣たち そして百獣の王獅子までが横転して嘆いています

 

                   長谷川等伯が描く『釈迦涅槃図』 京都・本法寺所蔵

 

 

冒頭申し上げました通り お釈迦さまの入滅は確かに哀しい出来事ですが お釈迦さまも人の子です でも御法は燦然と残りました

入滅されるまで説かれた説法の数々は 2千年以上経った今でも 生きとし生きるものへの勇気と尊厳と『共利群生(きょうりぐんじょう)』の眞を

説いて生き続けていらっしゃいます 我々はお釈迦さまの涅槃会を向え 新たに仏道に精進したいと願文を奏し奉りたいと存じるものです

お釈迦さまが涅槃の時 時ならぬサーラの白い花が咲きました 沙羅の花をここに掲げ 新たな気持ちで15日を迎えたいものです

                                                             沙羅双樹の白い花

                                                                                                                                         (2005/2/10)

 

広告
カテゴリー: 宗教 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中