針供養

                                    法輪寺の針供養
 
 
 
 
 
 
 
 
 
針供養 
 
 
 
 
 
 
 
 
年末と二月に針供養が行われる どちらとも八日の日で 同じようなものだが
 
意味するところはそれぞれ違う 十二月八日は事納めで 二月八日は事始めであり
 
つまり日本的に言えば 農作業の納めと農作業の始めと言うことになるだろう
 
又佛教上で言えば 十二月八日は釈尊が正覚した日とされ 二月八日は釈尊が生誕した日とされている
 
但しどちらともそれぞれ異説があって 日本的なモノと佛教の行事との上手な融合のような気がする
 
日本風俗史で著名な江馬務氏の説明では 次のような説明になる
 
 
 
 
 針供養 きさらぎ八日と師走八日は針の供養とて、都鄙の婦女終日裁縫を休み針を手にせず。
 
これを豆腐菎蒻にさして日毎夜毎のわいだめもなくたゆまず糸を運ぶ針に、
 
せめてもの一日の休養を与へそのいさをしを讃ふ。これ旧幕時代(きゅうばくじだい)よりの名残なり。
 
その由緒を尋ぬるに、二月八日は釈尊誕生の日といふ異説古書にあり。
 
師走八日は釈尊成道の日なれば、共に「お事」といひ、釈迦を供養して日ごろ読書算数をおしふる寺僧も此の日は業を休み、
 
裁縫を教ふるその妻も針を休め、仏には「お事汁」とて豆腐菎蒻大根牛蒡人参を小豆汁にて煮て供へ、
 
又人々も食す。豆腐・菎蒻を用ふるはこの故なり。さるを今は何の由緒も知らず、いたづらに業を休むは片腹いたきことなりかし
 
                                                   (元日本風俗学会々長 江馬務氏による)
 
 
 
由緒も知らず休むのはもっての外だと言っているようだが 近年針を使う女性はどのくらいいるのだろうか
 
十三参りで有名な渡月橋を渡ったところにある法輪寺では 十二月八日にも二月八日にも『針供養大法会』があり
 
二月八日には 和歌山の淡島神社で『淡島神社針供養』がある 各地の虚空蔵菩薩をお祀りしている御寺や神社などで
 
世間の動向に一切関係なく まだまだ粛々と行われ続けられている 片方だけではなく 両日行われるところも数多くある
 
繊細な日本人の優しさの発露であろうと思われ 針一本に対する思いから そうした伝承が残されて来たものであろう
 
この優しさを失いたくないものである 針を使わなくなったとは言え 使う人だって大勢いるのだから 廃れて行かないことであろう
 

                                              美しき女性の祈り 針供養

 

                  珍しい紅白の御餅に刺す針千本供養(針千本=河豚=フクに見立てたのだろうか)

                                                                                                                                             (2005/2/5)

 

 http://www2.ocn.ne.jp/~horinji/index.html 京都・嵐山の虚空蔵・法輪寺サイト
 
 
広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中