左義長(さぎちょう)

 
 
 

 

 

左義長

 

 

あっと言う間に 楽しいお正月が過ぎ 殆どご挨拶も済み 皆さんは通常の生活に戻られたことと存じます

お正月に飾った正月飾りの注連縄や松飾など どのように処理すべきでしょうか

それは一月十五日=小正月の日に 左義長とか どんど焼きと言われているように 集めて燃やしてしまいます

その際旧年中お世話になった神社さんやお寺さんの古いお神札や破魔矢も 松飾りや注連縄と一緒に焼くのです

その火の中で 焼き芋やお餅などを焼いて食べると 一年間無病息災でいられるとか申します

或いは書初めの書を燃やし 天高く紙が舞い上がると 書道が上手になると言われています

 

平安時代宮中では清涼殿の東庭で 青竹を束ね立て 毬杖(ぎちょう)三個を結び その上に扇子や短冊などを添え

陰陽師(おんみょうじ)が謡い囃しながら これを焼く「左義長」と呼ばれる行事がありましたが 

現在では民間信仰の一環として全国のどこにでも見られ 正月の松飾や注連縄を焼く火祭りとして定着しています

但し東京では 既に江戸時代に 火事の心配からお触れが出され 左義長の禁止を申し渡されていたので 現在はありません

ただ燃やすと言うことだけではなく 歳の初めにあたり 穢(ケ=けがれ)を祓い清め 暖かい陽春の到来を待ち その年の

大漁や豊作などの祈願が籠められていて 人々が改めて祈願する新年の重要な行事になっているのです

 

左義長の語源は鞠杖(ぎちょう)=(毬<まり>を打つ長柄の槌)に由来する説とか 鳥追いの行事との関連で 鷺鳥(さぎちょう)の意味すると

言う様々な説があります しかも左義長の呼び名は各地によって様々で どんど・とんど・どんと焼き・みそどんと・さいと焼き・三九郎焼き・ほちょじ・

ほっけんぎょう・さぎつ長・三毬杖(さんぎちょう さぎちょう)・三毬打ち・三木張・止牟止・爆竹(とんど ばくちく)・飾り焚・吉書揚げ・菱の花を爆(ほこ)らす・

菱の葩(はなびら)をほこらす などと多くの呼び名がついています いずれにせよ火は穢れを清め 新しい生命を生みます 竹の爆ぜる音は災いを退け

高く舞い上がる煙によって お正月のトシ神さまがお帰りになられます 左義長は正月に浮かれた気分を現実に戻す役割もあったのでしょう

                                                                                                                                                                  (2005/1/12)

 

 

上記三葉の写真は、京都・新熊野(いまくまの)神社の左義長です。新熊野神社と言えば、京都十六社巡りのご朱印でお馴染みでしょう。

 http://www.kyoto-16sha.jp/j_imakumano.html 新熊野神社のサイト 左義長

尚元旦から十四日まで大正月と呼ばれ、十五日は小正月で、別名女正月の名があります。この小正月には小豆粥が振舞われますが、

やはりこれも一年間無病息災でいられるようにとの願いが籠められているのでしょう。初茶会や正月中の祝い膳には付き物ですね。

 

                         妙心寺の塔頭(たっちゅう)・東林院の小豆粥

                                                                        (補足 軒下)

 

 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中