『武士の一分』と『硫黄島からの手紙』

 

 

 

 

『武士の一分』と『硫黄島からの手紙』

 

 

暮れの押し迫った頃ある御縁があって、MOVIXで山田洋次監督の『武士の一分』と、

クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』を、両方立て続けに鑑賞致しました。

『武士の一分』はお毒見役の下級武士が毒を食べ、失明をする。そんな武士に禄高どころか、

武士としての役目を消されてしまうと、上司から妻が唆され、夫の為にと嫌々ながら貞操を奪われてしまう。

その事実を知った盲目の男は、妻の仇を取ることになり無論本懐を遂げ、愛する者を守って終わります。

 

一方『硫黄島からの手紙』では、アメリカ留学経験もある栗林忠道(渡辺謙)中将が決戦間近い硫黄島に降り立つところから始まります。

アメリカ兵上陸に備え、浜辺にトーチカや塹壕を掘っていたのを急遽止めさせ、狭い島中に至るところに横穴を掘らせる。

最早援軍もないことを知って、全員玉砕の覚悟を決めるのだが、圧倒的なアメリカ軍の兵力。

たった五日で陥落すると思われた硫黄島の決戦は、何と三十六日間ももってしまう。

白旗を掲げ捕虜になる日本兵が米兵から虐殺される場面、傷ついた米兵を助ける日本兵。

どちらにも肩入れしない演出法とあの残虐な殺戮の場で、何が救いだったのか。どちらにも正義はなかったのではないか。

戦後見付かった届く筈もない家族への手紙の山であったのでしょうか、

それともあの島で戦って死んで行った無念さを、我々に残してくれたのでしょうか。

 

ここではこれ以上詳しく述べることは致しません。詳細はそれぞれホームページがあるからですが、

『武士の一分』には少々不満が残りました。それは操をやった妻の側の苦悩が余りにもサラリと描かれていて、今風で、

本当に武士の一分をもって、決死の覚悟が出来たものだろうかと言うストーリー性として弱さの疑念が残るからです。

 

『硫黄島からの手紙』には、本当に泣かされました。映画が終わって字幕スーパーになると、

一番真っ先に流れたのは、クリント・イーストウッド監督の名前だったのです。

無論彼の類稀な才能を見せ付けられましたが、何故この映画を日本人は撮らなかったのかと言う悔しさがありました。

渡辺謙演じる栗林中将が凛として言い放った「我々のこの死が必ず日本を救うことになるのだ」と言う透き通ったセリフの言い回し。

果たして戦場で累々と屍を積み上げて逝った者達へ、今の我々はちゃんと応じているのだろうかと言う疑念が残りました。

 

両方の映画を観て、如何に為政者がいい加減であるか、憤怒の思いを一層強めましたが、

ハリウッド映画の『硫黄島からの手紙』の方が、断じて圧倒していたように思います。

遠い家族への恩愛を思ったまま、現在は東京都小笠原村の硫黄島に、ご遺骨のままになっている現状、

少なくても私のこころを深く鋭くえぐりました。敵もない味方もあるわけがない、戦争と言う残酷さと非情さは。

ぬくぬくとして平和呆けしていて、腐敗した官僚天国の今の日本は、一体どこに向かうと言うのでしょうか。

ご遺骨の収集も手付かずで、戦争責任もどこ吹く風、最低でもドイツの戦後処理を見習って欲しいと筆者は熱望するのですが、

恐らくはご維新の時以降、薩長連合の戦う気風が富国強兵を駆り立て、ひいては盧溝橋事件に端を発した日中戦争への限りなき禍根、

2,26事件での若手将校決起以来軍部の勢力だけ圧倒し、あの外務大臣・松岡洋介でさえ、戦争開始時には狂喜乱舞したと言う。

何と言う愚行だったのでしょうか。まだ真に日本の独立が果たされていないし、真の民主主義は未だに未成熟であると思い知らされました。

 

『武士の一分』では、ワキ役の笹野高士の名演が目に付きました。『硫黄島からの手紙』では凛とした渡辺謙に泣かされました。

キムタクの剣さばきの上手さには舌を巻きましたし、、二宮和也と言う若手俳優の生きようと苦悩する必死な演技にも感動致しました。

どちらともいい映画には違いないのですが、クリント・イーストウッドの戦争に対する真にヒューマンな心にはすっかり感動させられました。

少なくとも、『硫黄島からの手紙』は日本人の誰しもが観るべきであろうと信じて疑っておりません。

あの山手線の内側の広さしかない島で、、日米双方とも何万人もの兵士が死んだ事実がある限り、決して忘れてはならないでしょう。

 

 http://www.ichibun.jp/  『武士の一分』公式ホームページ

http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ 『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』の二部作 公式ホ-ムページ

                                                                        (W・K 書)

 

 

広告
カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中