奥能登の『あえのこと』

 

      神迎え

    神座

 

 

奥能登の『あえのこと』

 

 

 能登観光で超有名な千枚田はよくご存知の方が多いだろうが 田の神を重視する日本人にとって重要なお祭りがあることは余り知られていない

田の夫婦神に今年の収穫に感謝し 冬の間家の中に招いてもてなす国の重要無形民俗文化財指定の農耕神事『あえのこと』が

昨年十二月五日 鳳至郡柳田村・鳳至郡能都町・鳳至郡門前町・鳳至郡穴水町・珠洲郡内浦町・珠洲市・輪島市など奥能登地区の農家で催された

 「饗(あえ)」はもてなしの意味で 「こと」は祭りを意味する

紋付きはかま姿のご一家の当主が近くの国の名勝・千枚田に出向き

お神酒や塩で清めた後 くわで田を掘り起こして「田の神様お迎えにまいりました」と口上を述べ家の中へ案内する

 この後 米俵が置かれた座敷で 「今年はおかげさまで本当にいい秋をさせてもらいました ゆっくりとくつろいでくださいませ」と

輪島塗の赤御膳(ごぜん)に盛ったおはぎ 豆腐やシイタケ ニンジンなどのお煮しめ 尾頭付きタイ・ブリの刺し身など

山海の幸を一品ずつ説明し 甘酒を杯に注いでもてなす

 来月二月九日には 豊作を祈願し 再び同様のごちそうでもてなし 田へ送り出す

十二月五日 田の神迎え――→神人饗応(神と共に食べる)――→二月九日 田の神送り

    饗応

 

所謂新嘗祭のようなもので 民間行事になると かくなる田の神さまの祭事になるのだろうと納得出来る

 

 

<能登の田中さん 庵で作柄を報告>

 能登町柳田植物公園内にある合鹿庵(ごうろくあん)では 

同町小間生の農業田中登さん(62)が裃(かみしも)姿で 田の夫婦神をもてなした

 近くの水田を掘り起こして出迎え 片方の目が不自由とされる神様に

「階段がありますから気を付けてください」と声を掛けながら庵(いおり)へ案内

いろり端で今年の作柄を報告した後 五右衛門風呂に招待して背中を流し

 入浴が済むと 小豆飯や刺し身 大根や豆腐の入った煮物などのごちそうとお神酒でもてなした

見物客は 姿の見えない神様をもてなす様子に神妙に見入っていた

 

 

目に見えない姿を 目に見えるものとして格別の接待をし 五穀豊穣を祈る『あえのこと』は

奥能登の農家の重要な行事であるが 今の人々はきっと奇異に感じるに違いない

だが 大切な心とは 果たして目に見えるものであろうか

『あえのこと』こそ 今日の時代を痛烈に批判し 日本人の大切な心をもう一度取り戻そうとしているかのようである

自然の尊い恵みに感謝し 恩恵を形にして表現するこうしたお祭りは大変珍しいものに違いないが

大きく言えばのことだが 日本の祭りのすべての素型は 

目に見えないものに対する畏敬であり祈りであり感謝であるのだから

                                                       (2004/1/28     尚日付については軒下が今年に当てて直した)

 

 http://nbt-tv.jp/movie/nais/aenokoto.html 能登ブロードバンドテレビによって『あえのこと』の映像が見れます

 

広告
カテゴリー: 文化財 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中