椿餅

                                                            一幸庵の『椿餅』

 

 

 

椿餅

 

 

『源氏物語』の「若紫」上に

「つぎつぎの殿上人は すのこにわらふだめして わざとなく つくばいもちひ なしかうじやぅのもの共

さまざまにはこのふたどもをとりまぜつゝあるを わかき人々 そぼれとり食ふ」とあり 

唐菓子(何種類かの唐辛子を合わせた菓子)の一種とされているが 北村季吟の『源氏物語湖月抄』によると

「もちひの粉にあまづらをかけて包みたるなり」とあって もしこのようなものだとして 餅の性質からすると 

唐菓子とはかなり趣の変わったもので 日本菓子として独立性を持った最古のものと言えよう

 

作り方は 道明寺糒(どうみょうじほしい)を水洗いして水をよく切る

これを蒸篭(せいろ)で蒸し上げた後 砂糖・食塩を加えて混ぜ上げ 手水を使いながらちぎり

餡(あん)を包み小判型にし 椿の葉を 本来は葉表が内側になるように上下につける

但し現在の椿餅は 片方か両方の葉を少しカットして葉の香りを出して挟み 上新粉に砂糖を加えて蒸したものである

暮れの大掃除など何かと忙しい時期ではあるが 美味しい和菓子と茶のいっぱい所望でもして ボチボチやるのもいいかもね

 

ついでに趣味として 私には櫻が欠かせないので 今年中に写真だけを載せておくことにする

私が大好きな小石川植物園近くのいずれも一幸庵さんの和菓子で 上が『櫻餅』 中は『薄墨櫻』 下が『栗蒸し羊羹』

 

この他 暮れのお菓子も結構あるから面白い 上賀茂神社近くの神馬堂や大阪・十三の『焼き餅』も今の時期だし 

雪を連想した『雪輪』『雪輪煎餅』『松ヶ枝』などの『干菓子』も時期は丁度いい

明治の中頃 京都の亀屋良則が新年嘉祝用にと その歳にちなんだ『意匠菓子』を創作した

それを『勅題菓子』とか『干支菓子』とか言われ どの菓子商にとっても腕の見せ所になっている

更に『花びら餅』と言って 如何にも初春を寿ぐに相応しい和菓子もある 「おはなびら」などとも呼ばれ

まことに女性的な美しい響きがあるが 宮中で行われる新年の祝賀の行事には必ず出るものである

直径十七cmぐらいに長く伸ばした白餅に 牛蒡の砂糖煮や甘く練った白味噌や小豆色した菱形の餅を入れ

真ん中から二つ折りにしたものであり 牛蒡の両端は出て 畳み込まれた白餅から うっすらと薄紅色が透けて見える

それと『鶯餅』も忘れてはならないであろう 紅白の『いただき餅』は二月十五日の涅槃会で必ず出て来る

そのように 暮れの和菓子は 正月用の和菓子と言ってもいい 今頃殆どの菓子商では大忙しの状態であろう

お抹茶も忘れては困ると どこかで言っているようだ 正月の茶会もなかなかいいものである

 

 

http://wagashi.or.jp/tokyo/shop/1022.htm 自宅の近くの『虎屋』さんについで お付き合いの古い『一幸堂』さん

                                                                                                                                                 (2004/12/4)

 

 

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中