MOTTAINAIの歌詞に泣く

 
 
 
 
 
 
 
『MOTTAINAI』の歌詞に泣く
 
 
 
 
 
 
 
本日久しぶりに御用があって 亡き主人のご自宅にお邪魔した
 
相変わらず白檀の御香が焚かれてあり 玄関の大壷には投げ込みで山茶花が挿されていた
 
薄日の入る仏間に進む 最初の櫻山の植樹に 埋めてあげようねと弟君さまが言うからそのままで
 
49日にはジェラルミンの円筒に入ったパワダー状のお骨をご当家の墓地には納骨をしていなかった
 
 
 
ご本人の部屋に入った 真正面には学生時代の象徴であるレガッタのオールが
 
本棚は相変わらずで 最近も本屋が持ち込んでいるのだろうか 新刊さえあった
 
そして誰が持って来たのか 寒櫻のひと枝が 志野の一輪挿しに挿してある
 
 
 
未だ半年も経っていない主を亡くした部屋は全くそれを知らないようなそぶりの香りが立っている
 
お手伝いさんが何もかもそのままだからと言っていたので 多分このCDもそうかと思ってかけてみた
 
すると本人が去年の記事にも書いてあったさだまさしの『MOTTAINAI』が行き成り大音量でかかった
 
最初は軽いノリで聞いていたが 次第に歌詞が広さを増し 大きな人間愛まで発展して行くさだの歌が
 
聞いているうちに 私はところ構わず オイオイとしゃくりあげていた 
 
せっかく親からもらった命 MOTTAINAIって 貴方じゃない!
 
 
 
 
 
 
 
 
                                 MOTTAINAI(全歌詞)
                                                                  作詩・作曲 : さだまさし
 
                            
                          豊かな時代に生まれて来たから           食べられるものが沢山あって
                            
                          食べ残しても胸が痛まなくなっちゃったよ     MOTTAINAI
 
                          例えば壊れた物なんかでも                    修理するより買う方がずっと安い
                           
                          まだ使えるのに捨てる物ばかりなんて        MOTTAINAI

 
 

                          自由な時代に生まれて来たから               どんな風に生きても勝手だって
  

                          働けるのに働かないなんて                    MOTTAINAI
  
                            ちょっと勇気だそう
  
                          自分さえ良ければいいってのは                自由ではなくって利己主義なんだよと
 
                          誰も教えてくれなかったなんて                 MOTTAINAI
                          心が痛い                冥利が悪い

                          もったいない      もったいない      もったいない      もったいない
 
 
 
               
                          親が命懸けで生んでくれて                      それなりに必死になって育ててくれて
 
                          なのに自分だけで育った気になるなんて       MOTTAINAI
 
                          転んだら怪我を心配し                           離れれば健康を心配し
 
                          いつも子供の人生を思ってるのに気づかないのは        MOTTAINAI
 
 
 
                          愛してもらうことを願うならば              愛することから始めたらいい
 
                          本当は愛に囲まれてるのに気づくだろう        MOTTAINAI
 
                               愛されてるんだよ
                          誰もが自分本位だからって               心を閉ざしてしまったらきっと
 
                          誰かが気遣ってくれてもそれに気づかないよ    MOTTAINAI
 
 
                         心が痛い           冥利が悪い
                         もったいない     もったいない     もったいない     もったいない

 
 
                         平和な時代に生まれて来たから            平和がどれ程素晴らしいかに
 
                         気づかないからありがとうを忘れたね         MOTTAINAI
 
                                命を大切に
 
                         誰かの犠牲の上の今の平和が            どれ程尊いかどれ程大切か
 
                         誰も教えなかったねごめんね             MOTTAINAI
  
 
                         愛に溢れた時代なんだよ               本当は今世界に愛は溢れてるんだよ
 
                         受け止める心が枯れているだけなんだよ      MOTTAINAI
             
                               君を愛してる
 
                         こんなに豊かで平和な時代に             生まれて来たというのに
 
                         こんなに豊かで平和な時代に生きてるのに     MOTTAINAI
 
 
 
 
                         いつかは届く        必ず届く
 
                         この愛 この苦しみ     この痛み     やがてしあわせ
 
 
 
                         心が痛い         冥利が悪い
 
                         もったいない   もったいない   もったいない   もったいない

 
  
                         いつかは届く        必ず届く
 
                         この愛    この苦しみ     この痛み     やがてしあわせ
 
 
 
                         心が痛い          冥利が悪い
 
                         もったいない   もったいない    もったいない    もったいない
 
 
 
 
 
 
 
 
貴方はこの歌を聞いて逝ったのですか 何てことでしょう  悔しい
 
 
 
(主人は若干40歳で 心臓手術後のリハビリ中に 今年の夏7月28日に 心不全でご他界なさいました
 
このブログは現在 主人の書き遺したたくさんの文章を 元秘書だった軒下たち側近の者が書き綴っています
 
文末に日付のナンバーがある記事はすべて亡き主人の遺された文章で 
 
書かれた年のナンバーがないのは我々側近たちで書かせて戴いております)
 
 
 
 
「僕には急がなくっちゃいけない事情があるんだよ
 
もう少もう少し も少しだから 待っていておくれ
 
 
それが貴方の最期の言葉でしたね そう言い残して最期の階段登りへ
 
愛する人がもしいたら 相手はどんなに哀しむだろうと少し考えたことはあるのかと
 
 こんな暑いんだもん もういい加減にして下さいと私は何故あの時そのひと言が
 
強く言えなかっただろうか 生涯悔やんでも悔やみ切れないことで残って行くだろう
 
 
 
今年最後の泣き納めにしたいものですが 果たしてそうなるでしょうか
 
 
 
 
 
庵の軒下 書
 
 
 
 
広告
カテゴリー: メモリー パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中