花餅

 
 
 
 
 
 
 
 
 
花餅 
 
 
 
 
 
 この写真は先日の中日新聞に出ていた花餅作りの記事に出ていたものだ 飛騨の農家で花もち作りが始ったらしい
 
雪深い飛騨の冬は極端に花が少なく木は落葉樹ばかり 今秋収穫した新穀で作った紅白の高山餅(たかやまもち)で 
 
花餅を作るのが飛騨地方の初春への習わしである 本来は1月15日から始まる小正月の行事で 
 
左義長とかどんど焼きとかと言う行事と同じ系統の祭事に入る
 
通常20日には花餅は撤収され カチンカチンに固まった餅は揚げ餅にして食す
 
又昔は この花餅を農繁期や凶荒の時の備えとしての保存食とも言われ 蒸して食べることもあったと言う
 
 
 
所謂『オコナイ』(ご神事)と言われる小正月の行事は各地にあって 『オコナイ』には多種多様な行事や伝統があり 
 
一概にその概念をはっきり出来ないほど豊富にある いずれにせよ今年一年の農作業の予祝(予め豊年を祝う)をする行事なのである
 
正月から小正月に掛けて 盛りだくさんある行事の中で ちゃんとしたご神事の一種であろうと考えている
 
 
 
ここで言う花餅は 別名に繭玉(まゆだま)とも呼ばれ 蚕も重要な収入源であった
 
稲の豊作と繭の旺盛な繁殖を期待し 今年もいい年でありますようにと願いが色濃く篭っている
 
 
 
但し近年花町や料亭や商業スペースでは モナカで作った花餅が飾られ 華やかさを演出しているが
 
正月気分を無理矢理華やかにしているだけで 本来は正月に飾るべきのものではない
 
更に言えることは 写真にあるような作り物ではなく 実際の米俵に挿して飾るのが本来であろう
 
一般庶民の今年に掛ける意気込みと言うか さぁ頑張るぞと言う稲魂さまに対するメッセージになっている

 
 
今頃正月に出されるものを売るボロ市や歳の市など 盛んに各地で行われていることであろう
 
その殆どが しまい天神やしまい弘法やしま観音と合わせて行われ 
 
先日15日から今日まで 東京浅草・浅草寺境内では 華やかに羽子板市が開かれている
 
 
 

 

 http://www.biwa.ne.jp/~kannon-m/okonai.htm  国宝十一面観音菩薩さまで有名な湖北地方の高月町にあるオコナイ(ご神事)
 
                                                            (2004/12/10) 一部軒下が現在に合わせ加筆す
 
 
 
  浅草の羽子板市(15日~17日)
広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中