新年の用意と大晦日の夜

 

 

新年の用意と大晦日の夜

 

 

トシ神への準備

 

正月事始について以前書いたが 今回はその準備について少し詳しく書こうと思う

正月事始は 煤払いなどの準備であったが それだけでは正月事始にはならない

十二月十三日から 正月への準備に入ると言うものだからである

餅搗き 床飾り 松迎え 年木樵 晴れ着の支度など 結構多やることが多いのである

農耕民族である日本人が 五穀豊穣をもたらせてくれるトシ神さまを ここで遺漏なくお迎えしなければならない

 

門松を立てるのは お正月さまと言うトシ神さまのヨリシロ(目標物)だから 疎かには出来ない

玄関先に張る注連縄は 正月さまが来ていると言う記しで 注連縄のうちは清浄なる聖域である

そうして新しい干支の年男が 山に入り松の木を伐って来る役目につく これを『伐木』とも『松迎え』とも言う

古くは 十二月十三日正月事始の行事の中に取り入れられていたが 今はクリスマス・ムードが全盛で

すべて正月の行事はクリスマス明けになっている 果たして日本人はクリスチャンなったのだろうか

或いは正直に言えば節操がなくなった証拠なのであろうか まぁまぁケチをつけることはしない

 

トシの正体とは稲のことで 古来から延々と続く稲作文化であった日本の象徴である

 

正月を迎える為に張るシメナワは トシナワ(年縄)とも言い 今では年の市で売り出されている

昔は 年男が夜中に一人で トシナワを綯(な)ったと言われている

そしてこのトシナワを身につけていれば 災厄を逃れることが出来たとも

今では身につけないで 家に注連縄を張り巡らせ 神迎えの為の清浄なる場所として定着していよう

 

年棚と言って 正月さまのトシ神さまを迎える為の新しい棚を設ける習慣もあった

又その棚の隅々に 疫神さまの座を作り 悪疫も一緒に御祀りし 悪疫に退散して貰う習慣もあった

 

お正月の料理は「おせち」と言うが 一種の保存食で 主婦がする労働を休められる意味だと信じられている

実はこれは新年にやって来るトシ神さまへのお供えであって 正月三が日これを食べると言うことは

新しい節(せち)を迎えるにあたり トシ神さまと一緒に食べるところに意義があり だからこそ大切におせちを扱うのである

おせち料理の中に必ず入るものに ごまめ(田作り)があるが 春になって田を耕す時のお祝いの魚とされている

他にヤツガシラ サトイモなどの芋類は 大昔の日本人の食生活の名残なのであろう 農耕民族の誇りと言ってもいい

おせちにはすべて言霊(ことだま)信仰があり 蓮は見通しがよいとか豆はマメに働けるようにとか そんな意味合いが籠められている

 

床の間に掛け物を飾り 花瓶に正月用の花を挿し 壷など正月にふさわしい置物を置くことが肝心である

 

正月の為の餅搗きは 例年十二月二十五、六日頃から始まる 二十九日は苦餅と言い大晦日は一夜餅と言って避ける

ところが最近のお餅は機械で搗いたり 賃餅と言って餅米を持ち込み 米屋とか菓子屋さんに予約し依頼して搗いて貰う

そうかと言えば 多分大半のご家庭では 出来合いのお餅を買って来て済ませてしまう例が多いのだろうか

嘗ては 一家総出で 使用人や親戚一同も入れて 賑やかに餅搗きをしたようである

 

 

大晦日の夜

 

大晦日 つまり十二月三十一日の夜は 年越し 大年 除夜 年夜(としや) 年一夜(としひとや) 除夕(じょせき) おおつごもりとも言われ

いずれにせよ 今年から来年へ 年の変わり目を迎えるのが 大晦日の夜の重要なことである

 

大晦日とは 午前零時のように思われているが 昔は日が暮れれば一日の終わりで 

年棚に灯りを点し 神饌を供え 家内揃って 祝い膳についたものである

この時食べるのが 年越し蕎麦だが 豆腐とコンニャクを串刺し 焼いて甘味噌をつけて

いわゆる田楽を食べる地方もあって 必ずしも蕎麦だけではなかった 長生き出来るようにと これも言霊であるが

 

寺々で撞く鐘を 除夜の鐘と言い 現在では午前零時をもって打ち鳴らす

人間世界にある百八の煩悩の一つ一つと破られ  新年を迎えると言う まったく日本独特の習慣であろう

 

独特と言えば 本来は除夜の鐘が鳴り終わると同時に 真っ先に除夜詣 或いは年越し詣が始まり

それを受ける神社・仏閣への参拝が始まる 一年の無事息災を祈る為だが 最近は初詣と言うように大半がなっている

 

初詣では『二年参り』とも言われ 大晦日の晩から元日の朝までのお参りのことを言う

神社で焚かれる御神火から火種を頂いて来る(八坂神社の朮詣=オケラ詣など)為だとか 

宵のうちから出発し 明け方のトシ神さまをお迎えする為だとか言われている

或いはトシの神さまが来られる方位の神社に参拝に行くとか 諸説がある

いずれにせよ 我々の時代に消滅させてはならない大事な行事の一つであろう

 

トシ神さまとか正月さまとか 今では死語になりつつあるが 果たしてそれでいいのだろうか

それらは迷信とか俗信とか言われて久しいが 八百万の神々への信仰も薄れて来ている昨今

それはおかしいと筆者は信じて疑わない 何故かと言えば トシとは稲魂(いなだま)さまのことで

五穀豊穣と家内安全をもたらせてくれる 災厄の防止にもつながっている そうして最も大切なことは

迷信とか俗信とか言われる行事を通じて 我々は自然への恩恵の心とか自然への畏れとか 天然自然に対する

絶大なる畏敬と信頼と恩恵と愛惜の念が 深く密かに潜んでいるからであって 何も無知蒙昧になれと言うのではない

こう言う素朴で厳粛な独自の文化を疎かにしていて 独立国家には決してなれないと 私は信じて疑わない

                                                                                                                              (2004/12/8)

          正月用 小風呂敷

 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中