アートの島・直島

                                                              海の駅『なおしま』 フェリーの発着地で 表玄関である

 

 

アートの島・直島

 

 

瀬戸内海に 小さな島だけれど 世界的に有名な島がある

ほとんど岡山の宇野港に近いところにあるが 瀬戸大橋と牛窓の中間点と言ったら お分かりだろうか

いずれにせよ 宇野港より定期船で20分 高松港より定期船で60分かかる位置にある島だ

僕は ヘソ曲がりなのか 高松空港経由で行くのが好きだ 多分時間的には同じだろう

それでもここは香川県であって 香川郡直島町と言う地名になる

島民は 平成元年から 島をあげてアートの島にしようとの試みで 

世界的に著名な画家や彫刻家とか 建築家の安藤忠雄などが多くの方々が手伝い

現在でも 若手の芸術家達がうじゃうじゃいて 黙っていても 島の活性化につながっている

半端な取り組み方ではない それまでの一般の家屋まで 現代の感覚でリフォームし 島全体が生き生きとしているのだ

 

瀬戸内海に浮かぶ直島は香川県高松市の北約13km、岡山県玉野市の南約2kmに位置し、周囲の島々とあわせた直島諸島がそのまま香川県直島町となっています。 直島本島の面積は8.13km2、人口は約3,600名。島内には、フェリーの発着港を擁する宮ノ浦、戦国時代の海城の城下町を原形とする本村、古くからの漁港である積浦という3つの集落があります。このほか北側の三菱マテリアル直島製錬所では大正時代から銅の製錬が行われており、周辺の関連企業と合わせて大規模な工業地帯となっています。中央は直島小学校、直島中学校のある文教区です。 南部は瀬戸内海国立公園に含まれており、自然の美しさが残されています。主な産業としては三菱マテリアル関連、ハマチや海苔の養殖漁業などが挙げられます。

 

↑島の梗概を見ると そのように出ているが 実はなかなかの人食わせなのである

あっと驚くものが多く 結構飽きないのだから 楽しいし 美しい

これは彫刻家・三島喜美代の『もう一つの再生』と題する巨大オブジェだ

こう言う現代的な作品があちこちに 放置されているかのように デンと存在している

そしてそれが 妙に瀬戸内のこの小島の風景に ピッタリとマッチしているから 実に愉快だ

ところが一般家庭でも 普通の人達が島をあげて それらに全面的な協力体制が出来ているから また素晴らしい

『ご来島の方で御手洗いにお困りの方にお貸し致します 声をかけて下さい 家主』とね

何もしていない普通のお宅ですら このような協力体制が完璧に出来ているのだ

お年寄り達は ボランティアで 生き生きと島内案内を買って出てくれている

自然を満喫するのもいいし ホテルや民宿で のんびり過ごすのもいい

美味しいお魚 空気 そして何よりのご馳走は 島民の人情 道理でリピーターが多くなるわけだ

 

 

僕は 上記写真のベネッセ・ビーチ・ホテル内の 6室しかない広い空間の部屋で スパでも入って

のんびり本でも読みながら過ごすのが 大好きだ 心地いい風も入って来る 真冬でも比較的温暖であり

東京などと言う寒冷地から来るものにとっては 大いに癒しの空間であり 隠れ家的存在であり 余り人には教えたくないものだ

一人でいるのに どうしても飽きたら 同館内にある『地中美術館』(ここも安藤忠雄の設計)に行って モネやタレルなどを眺めるのもいい

浜辺を散策したり 山に登ったり 小さな島だけれど その気になれば 民家の改造した藝術があったり ほとんど飽きないものがある

時には火祭りや人形浄瑠璃などの民俗芸能もあり 直島島民の皆さん全員の熱心な取り組みに 深い感銘を受けざるを得ない

そうそう そう言えば 香川大学の学生さん達が 自分達で創ったコンセプトでやっている『和Cafeぐぅ』もなかなかなお店だった

スウィーツ芋っち 380円也 ドリンク平均250円也 どぅ お安い?但し大學がお休みの時だけ営業

http://www.ec.kagawa-u.ac.jp/~naoshima/goo/  『和Cafeぐぅ』のサイト

 

 

どうぞ皆さんも適度な時間があったら あの牛窓に行く足を もう少し海へ足を伸ばし こんなアートな島も如何でしょう

ちなみに現代アートって 何が何だか分からないとか 理解出来る分かる ではないように思う

ただ作品を前に触れて 観る方が自分勝手に自由に何でも感じ取れればいいだけのことで 

どのように感じて欲しいか 強制しないのが 現代アートたる所以ではなかろうか 

きっと大好きになるアートに 何か巡り会うかも知れませんよ!

                                                                                                        (2005/3/1)

 

 

 http://avance.mapion.co.jp/special/06oct_/6929.html 「現代アートの島 直島へ」案内サイト

  http://www.naoshima-is.co.jp/first.html 『美術館つきホテル ベネッセアート直島」案内サイト

  http://www.naoshima.net/  「素顔の直島」直島の観光情報が満載しているサイト

  http://www.my-concierge.org/shikoku/syodoshima/ 「直島案内コンシェルジュ」詳細なご案内が出ています

  http://cafemaruya.exblog.jp/  「小さな喫茶店 直島のまるやさんのブログ」 藝術してますねぇ!

 

 

本日(11/26) NHK教育テレビでやっていた『新日曜美術館』で、 <果てしなき創造>と題し

世界的アーティストの画家大竹伸朗さんが特集されていた。彼の宇和島在住は知っていたが、

まさか直島にも、彼のアトリエがあることは知らなかった。益々楽しみになって来たぞぉ。

                                         (太字部分は、庵の軒下書く) 

 

広告
カテゴリー: 芸術 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中