十三参り

 
 
 
 
 
 
 
十三参り
 
 
 
 
京都の渡月橋を渡ったところに 嵐山・法輪寺がある
 
最初は どうやらこの寺から 18世紀後半に始められたようだが 『十三参り(じゅうさんまいり)』と言う通過儀礼の行事がある
 
虚空蔵菩薩さまに願いを掛けるので 今ではあちこちの虚空蔵さまがいらっしゃる御寺であれば どこかしらで行われている
 
ただ実際には関西中心で 関東はあるにはあるが 割と珍しい行事となっているのかも知れない
 
 
 
数え年十三歳と言えば 男女とも精神的にも肉体的にも 大人の仲間入りする入り口の年齢であろう
 
そこで災厄を祓い 知恵を授かるように神仏にお参りするのを 『十三参り』と言う
 
今は満十二歳でもいいのだが 子供の生まれて来る年の干支(えと)の巡って来る年が 数え年十三となる
 
女の子にとって この頃は特に顕著に肉体的にも変化が現れ 最初の厄年でもあり 情緒不安定になる年齢ではなかろうか
 
 
 
京都では 嵐山の法輪寺が 虚空蔵菩薩をご本尊とされるので 主に法輪寺で参拝される
 
参拝者各自が それぞれの願いを書いた一文字を差し出し 僧侶から大般若経を身体につけて貰い 知恵を得る
 
ほとんど旧三月十三日 つまり現在では 四月十三日の日の前後の休日に参拝されるが
 
せっかく頂戴した知恵である 渡月橋を渡り切る前に振り向いては 
 
大事な知恵を 虚空蔵さまにお返しすることになるので 決して振り向かないで渡らなければならない
 
絢爛豪華に咲く櫻吹雪の中 渡月橋で そんな光景をよく目にするが なかなか微笑ましくていいものである
 
そして十三参りは 成人式より早めに行われるので 子供に肉体の成長の自覚を促す配慮があるのだろう
 
 
 
着物は本裁ち(大人と同じ裁ち方)の中振袖で 帯は大人の寸法のまま 変り結びにする
 
又 肩揚げはするが 腰揚げはしないで おはしょりにする
 
尚袖揚げと言っても 袖山から一尺三寸のところに 舞妓はんのような揚げをするのも 可愛らしい
 
十三参りでは 京都のお嬢様がたは よく思い切って舞妓はんのお姿をするようである
 
舞妓はんが 襟替で芸子になる時に 揚げをさらりと外すので 
 
舞妓はんと十三参りの関係は 以外に強く深い関係ではないだろうか
 
十三参りの着物は その後も 正月や雛祭りなど 折あるごとに着ることによって
 
娘達は次第次第に 着物に馴染み 深い興味を抱くようになる 母親にはその配慮が見え隠れする
 
因みに十三参りの付き添いの母親は 訪問着や付け下げ 色無地などで 娘の中振袖と
 
ちょうどいい釣り合いを取っているのが目立ち お嬢様にとってもなかなかいいことなのであろう
 
                                                                                                                                         (2004/4/10)
 
 
 
 
 
http://www2.ocn.ne.jp/~horinji/   (法輪寺のサイト)
 
広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中