お食い初めと初宮参り

 
 
 
お食い初めと初宮参り
 
 
 
お食い初めとは 赤ちゃんが初めてモノを食べる人生最初のお目出度い行事のことでしょうか
 
母胎は産土神(うぶすながみ)によって守られ 人は無事に出産します
 
子供たちはスクスクと成長し 100日の頃になると 首もようやく安定し 歯が出て来ます
 
母胎の方は 産(うぶ)と言うお産の穢(け)が 初宮参りの頃(30日前後)に晴れて来ます
 
そこで 子供の人生で 食い逸れのないように 幸せでありますようにと 産土に別れ 氏神の氏子になる儀式を行われます
 
男子120日目 女子110日目(最近では男女とも100日目が多く 又地方によってはまちまちの考え方である)に 
 
平安の御世より マナハジメ(真魚始め) ハシハジメ(箸初) ハシソロエ(箸揃) ハガタメ(歯固) 百日(モモカ)祝いなどと
 
言われたお食い初め(おくいぞめ)の儀式をするのです
 
出されるお料理は 基本的には 一汁三菜で 鯛のお頭づきがつきます
 
中には小石三個が 膳にありますが これは氏神さま境内から 拾って来た小石で 石のように丈夫は歯が出来るようにとの祈りからです
 
 
 
 
                       鯛登り焼き   大海を悠々と泳ぐが如く 成長を願って賢い子に育てと 頭の大きな鯛をつける
 
                       日の出蒲鉾   遥かに遠くから勢いよく朝日が昇るように
 
                       赤飯       赤い御飯は太陽を意味し 小豆は星々の輝きを表現している
 
                       蛤吸い物    二枚貝のように 仲睦まじい相手に恵まれますように
 
                       勝栗       人生を勝ち抜くように
 
                       昆布(笹)    竹のように 常に生き生きと生きられますように
 
                       小梅(三)    寒に耐え 花開き 実を結ぶ梅の如く 辛抱強く
 
                       煮物       食することで 長寿になる源のお料理
 
                       小石       氏神さまの神童として歯固めの石
 
 
 
以上のようなお料理が並びますが これも地方によってはまちまちであったり 一概には断ずることは出来ないのですが
 
ほんの 儀礼としてやられますので 実際はそれぞれの料理のほんの少しを お口に当てる所作がほとんどなのです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初宮参り
 
 

 
 
お食い初めの前に 子供の成長を願う初宮参り(詣とも)の儀式があります
 
これに使われる祝い着は 初宮の他に 七五三の時にも使われる例が多く
 
このお宮参りも 地方によってまちまちで 通常 男児は生後三十一日に 女児は生後三十日でするところが多いようです
 
普通 夫側の祖母が赤ちゃんを抱き 祝い着を赤ちゃんの背に羽織らせ 結び紐を祖母の首に廻して結びます
 
赤ちゃんの持ち物として 金襴で作られた巾着を結び紐にくくりつけ その中に神社の守り札を入れます
 
祝い着は 妻の実家から贈られるのが慣わしになっていることが多いようです
 
母親 祖母の装いは 正式には紋服で かと言って留袖を着るには大袈裟かも知れません
 
色無地紋付きか 付け下げか 明るい江戸小紋などでは如何でしょうか
 
いずれにせよ そのお子がお参りした神社にとって 氏子になると言う誓約の場でもあると言うことが重要なのです
 
神主から 氏子となるためのお祓いの儀をお受けすることになるでしょう
 

                                                                                                                      (2004/4/18) 

 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中