七五三 伝統としきたり

 
 
 
 
 
 
七五三 伝統としきたり
 
 
 
 
毎年十一月十五日は 三歳・五歳・七歳の男女児を伴い 神社にお参りをする風習を 七五三の祝い 略して七五三と言っている
 
年齢は数え年だが 年齢と性の組み合わせは 土地によってまちまちである
 
男の子は五歳 女の子は三歳と七歳とか 男の子は三歳と五歳 女の子は三歳と七歳と言う具合である
 
然し最近では いやに華美で趣向をこらした服装で 妍(けん)を競うお宮入り どこかの商法にはまっているままのようである
 
七五三のしきたりは 江戸は元禄年間の華やかな時代に 商業の発展とともに生まれたものだから 仕方がないのかも知れない
 
言わば都会の風俗として 生まれたものであったから この祝いはそんなに古い習慣ではない
 
 
 
 
 
三歳の祝い
 
 
然しだからと言って まったく根拠のないものとは言い難いのである
 
武家社会中心で 江戸時代に成立した儀礼であるが 地方ごとに違う風習 或いは身分ごとに違う幼年期の通過儀礼が様々にあって
 
複雑なそれらがまとまって 総合的に便宜的に 七五三を創り上げたと言っても過言ではあるまい
 
先ず三歳になると 男女ともお祝いをする地方が多かった
 
その一つは ヒモオトシ(紐落とし) オビムスビ(帯結び)などと呼ばれているものである
 
それまでは紐をつけて結んでいなければならなかったのが 紐が取れるようになったお祝いであり
 
又紐なしで 自分で着物が着られるようになったお祝いでもあった
 
又 カミオキ(髪置き) カミタテ(髪立て)などと言って 初めて髪を結ぶ儀式を行う地方もあった
 
これは昔は生後二年余くらいは男女とも頭の髪を剃っておく習慣があったのを
 
三歳になったと言うことで 髪の毛を伸ばす式を行い 氏神にお参りをすると言うものである
 
三歳の子が選ばれて 神社の祭礼に お稚児さんとして正装し参加することも多くある
 
このように三歳と言う年齢は どうやら無事に成長して行ける目途が立つ年齢であった
 
初めて紐のつかない着物を着て それも晴れ着を着て 髪を子供らしく結び
 
母親などに連れられて 氏神に参詣し その後親戚廻りをする
 
或いはお稚児の役目をすると言うこともあるわけで 十一月十五日が そのお祝いの日に当てられていた
 
或いは その祝いの日がお正月であったり 二月のいい日であったり 土地の氏神の大祭に合わせるなど 
 
三歳に固定せず 三・四歳にした地方があるくらいである
 
又地方によっては 結婚式の披露宴並みに大袈裟に子供を披露する地方もある
 
 
 
 
 
 
五歳の祝い
 
 
 
五歳になると 男の子は一般にハカマギ(袴着)とか 
 
カミソギ(髪そぎ)とか言う儀礼を行い 初めて男の着物を着る
 
それまでは 男の子と女の子と言う区別はなかったのである
 
これに対して カツギソメ(被衣初め)を行う地方があるので 
 
必ずしも男の子だけのお祝いではなかったようである
 
それにしては 男の子のハカマギは特に有名である
 
一族の人望のある御仁に 袴親(袴着の親)になって貰い
 
五歳の男の子を吉方に向かって立たせ 麻の裃(かみしも)を着せ 袴をはかせる
 
この間 子供は碁盤の上に立たせる 
 
この儀式が終わると 皆で氏神詣でを行い その後親戚一同で祝宴となる
 
皇室では 着袴の儀(ちゃっこのぎ)と言うのがあるが ちょうどこれに当たるのであろう
 
 
 
 
 
 
七歳の祝い
 
 
 
更に進んで七歳の祝いは 幼年期最後の通過儀礼として 男女とも重視された
 
幼年期を過ぎて ようやく少年少女への出発点と言う特別な思いがあったのだろう
 
女の子の七歳の祝いは オビトキ(帯解き) 又はヒモナオシ(紐直し)と言って
 
今までの子供らしい帯を捨て 初めて女の子らしい帯を結び それにふさわしい着物を着るようになる
 
男の子のハカマギと同じように 吉方に立たされ 一族の名望のある人間に晴れ着を着せて貰う
 
式後氏神に参拝し 終わってから祝宴が開かれる
 

 

それらが 統一された通過儀礼として 江戸時代に流行ったものと考えられていい

一種の商業主義の影響を受けるのは止むを得ないのかも知れない

従って七歳の通過儀礼は男女児共通のものが多く たくさんの儀礼が地方に残されている

 

正月七日に 七歳になったばかりの男の子 女の子が 盆を持って 近所の家々を廻り 雑炊を貰って食べる

これをナナトコイワイ(七所祝い) ナナトコゾウスイ(七所雑炊)などと言い 南九州一帯で行われている

運がよくなるし 病気にならないと言われ 地域の多くの家々が協力して 地域の子供達の成長を祝う行事になっている

 

その他『七草祝い』と言って 正月七日に 数え七歳になった子供達が 氏神に参詣し 神主に拝んで貰うと言うもの

『七草もらい』と言って 親戚知人宅を廻り 下駄などを貰うものも

或いは『七小屋廻り』と言って 七歳以上の子供達が集まって 村の共同小屋を廻って歩き 子供組に加入する儀礼をする

そんな様々な七歳児の祝いの儀式が 断片的ではあるが 数多く残っているのである

 

 

 

七歳までの子は『神の子』とされ 大事に育てられ 七歳以前で死んだ子は「よみがえり」を信じて本葬を出さない地方もあった

以上のように 子供達が七歳になって初めて子供として一人前に扱われるのである

それまでに三歳 五歳と言うように区別をつけて 成長を確認して行く風潮が強かった

農耕民族の特徴として 共同開発 共同作業の訓練を知らず知らずのうちに 身につけようとしていたのではないだろうか

そうして七歳になると その子供は初めて氏子として氏神に認められたことになるので 『氏子入り』と言って

氏神に参拝し 神からも人間からも 社会人の候補としてなったことを承認されるのである

そしてこの参拝の日時が 偶々十一月十五日に多かったのである

又この日 母と子を守護する産土神(うぶすながみ)に参詣し 安産の祈願や幼児の守護を願う行事も多くあった

七五三の年齢の近辺で行われていたものが 奇数を尊ぶ中国の思想の影響を受けながら 次第に七五三に固定されて行ったものである

七五三で賑わう神社の境内に 千歳飴(ちとせあめ)を下げた子が多く見られよう

飴の断面には 鶴や亀 或いは金太郎などが描かれていて お米だけで水飴を作って伸ばした晒し飴で

江戸・元禄年間 浅草の飴屋七兵衛が 「千年飴」「寿命糖」として 長い袋に入れて売られたのが最初だったらしいが

どの親も 子供達の幸せと長寿を一心に願って買い与えたものであろう

                                                                                                                          (2004/11/15)

 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中