夫婦岩遥拝

 

 

夫婦岩遥拝

 

伊勢・二見浦に 二見玉興神社があって その直ぐ傍の海に

 日本人なら誰しもがご存知の 夫婦岩の存在を知っておろう

ところが これは日の大神と猿田彦大神を祈る為の鳥居でしかないのだ

沖合い700㍍の海中に鎮むところに 猿田彦大神のゆかりの霊石(神のヨリシロ)があり 

それに祈るための方角を指し示す鳥居であり 併せてその間から望む日の大神(太陽)を遥拝する目印であった

 

猿田彦大神とは 天孫瓊瓊杵尊(テンソンニニギノミコト)が 天照大神(アマテラスオオミノカミ)より

三種の神器を授かり 天を降りられる時 途中邪気を祓いながら道案内を申し上げた神がこの猿田彦大神だ

又垂仁天皇の御世 倭姫命(ヤマトヒメノミコト)が 天照大神の鎮座の場に行きたいと言った時も

猿田彦大神は 天照大神のご神徳を説き 五十鈴川の川上に案内しお連れ申し上げた

このように猿田彦大神は善導の神として 今でも深い崇敬を集めている

方角の神として スピリテュアルな我々の生活に最も近しい神ではなかろうか

 

年に三回 この注連縄は張替えられる

五月五日 九月五日 そうして十二月の第三日曜日 夫婦岩大注連縄張替神事として

 氏子や観光客も一緒になって張り替えられるのである

長さ35㍍の巨大な注連縄で 男岩には16㍍が巻かれ 女岩には10㍍巻かれる 渡される注連縄は9㍍にわたり

伊勢路の風物誌として また新たなる神々の御威徳に授かろうと言うものであろう

 

夏至の頃 この夫婦岩から眺める太陽は筆舌に尽くし難い美しさとして 特に有名である

時には ここ二見浦から 富士のお山も遥拝出来るのである

 

又全国には夫婦岩とか 親子岩とか呼ばれる場所が多数残っていて

この伊勢の大神々の御威徳にあやかろうと言うものであろうか

海にあるものとして 

北海道様似町の夫婦岩 青森県小泊村の夫婦岩 青森県風間浦村の二見岩

石川県富来町の機具岩(別名・能登二見) 愛媛県北条市の夫婦岩 高知県夜須長の夫婦岩

山にあるものとして 

岩手県二戸市の夫婦岩 岩手県千厩町の夫婦岩 岐阜県中津川市の女夫岩 

福岡県黒木町の夫婦岩 佐賀県山内町の雄岩雌岩(夫婦岩)

などがあり みなそれぞれに 伊勢・二見浦の夫婦岩を想定し模し 崇敬されている

 

夫婦とは まさしく男女一対で一つの役目なのであろう

                                                                                       (1997/9/5)

 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中