花菖蒲の色々

                                           

 伊勢・勾玉池のアヤメ

 

 

 

 

 

 花菖蒲の色々

 

 

 

この時季 花菖蒲が どこでも賑わせている

金沢・兼六園 知多市無量寿寺 京都・大田神社 伊勢・勾玉池

岩手・毛越寺 山形長井のアヤメ園 潮来の花菖蒲 東京・明治神宮

静岡・加茂花菖蒲園 兵庫・永沢寺 香川・栗林公園などなど

 

一口に 花菖蒲と言ったが 種類が多く 

杜若(かきつばた)と菖蒲(あやめ)と花菖蒲と なかなか区別が付け難い

 

大きい意味での花菖蒲を 大きく分けて 

カキツバタとアヤメとハナショウブに分かれようかと思う 

基本は ノハナショウブを原種としている

 

江戸時代 盛んに改良され 主に三系統の花菖蒲が出来ている

江戸時代から 堀切菖蒲園で作られた江戸系

それを熊本に移植し 花弁が大きく改良された肥後系

花弁が優雅に垂れ下がる伊勢系がある

 

単に カキツバタとアヤメの区別ぐらい分かっていたい

カキツバタは湿地又は浅水池を好み 葉は巾広で 主脈は細小 花は青紫か白か絞り

アヤメは 乾燥地を好み 葉は濃緑で 花は紫色 稀に白がある 基部褐色の網状斑

 

古くから日本ではカキツバタが愛されて来た 

染料に使われ 多数の工芸品もカキツバタが多い

一方アヤメは広い意味では 花菖蒲を指すが

 狭い意味での花菖蒲やカキツバタからすると 小形で直立している

狭い意味で花菖蒲とは 色彩が豊富で 花は至極大型である

 

何故こんがらがるようになるか 

それは簡単である 全世界に1000種類以上もあって

主にアメリカや地中海沿岸に多く生育している

アヤメ属には180種類があって 日本では僅か10種類しかない

 

花の大きさからすると アヤメ→カキツバタ→ハナショウブの順に大きくなろうか

 

古来日本では 中輪のカキツバタが 最も多く愛され 多くの絵や工芸品を生んで来た

青紫の高貴な色が 先ず第一に愛されたのであろう

 

文学でも 『枕草子』『徒然草』『伊勢物語』 謡曲『杜若』にも 数多く杜若が登場する

毎年今頃 表参道の近く 根津美術館で 尾形光琳作の『杜若図屏風』が公開される

八ッ橋文様蒔絵硯箱(光琳作) 沢千鳥螺鈿蒔絵小唐櫃などの国宝も すべて杜若である

 

但し近年ではカキツバタは圧倒的に少なくなった

ジャーマンアヤメやイリス・フォロレンティアは 香料として 珍重されるが

カキツバタは 染料だけにしか使われない

 

それでも アヤメやハナショウブは 花びらがぼでっとしているが

カキツバタの花は 先に行くと さらりと尖り 如何にも格好がいいのである

ここでも 様々に工夫された大型の花ばかりが珍重され

日本的な濃い紫のカキツバタは 

次第に生きる場所を失うのであろうか

 

淋しい限りである

 

 

 

http://youpv.exblog.jp/m2006-05-01/#3423005 

(京都を専門に写真を撮っているyoupvさんの5/13日版 美しい杜若の写真 『大田神社の杜若』)

尚この野生の杜若の群落は 天然記念物に指定されている

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中