紫陽花の花

 

 

 

 

紫陽花の花

 

 

 

雨の中に咲く花で 最もよく似合うのは 

やはり 紫陽花(あじさい)

雨に打たれ 洗われたように 冴え冴えとした

美しい藍色が 一段と冴えて来る

 

『大言海』では

集まった花とその青藍色から 集真藍(あづまあゐ)が 語源で

真は 藍を強調する接頭語だと解いている

又 その季節から旧暦の五月(皐月)から 

集皐藍(あずっさあい)とも考えられている

 

それが 唐の大詩人白居易が 別な花を詠む時に『紫陽花』と言った

本来日本固有の花であるにも関わらず 

日本人はアジサイのことを言ったと解釈してしまった

従って 紫陽花の字は飽くまでも当て字なのである

 

 

学名で 欧州に広く紹介されたオタクサ(紫陽花のこと)と言い

幕末 長崎のオランダ商館付き医者シーボルトによって紹介され

その愛人の長崎・丸山遊女お瀧との

ラブ・ロマンスから その名が取られたものであった

 

西洋では盛んに 品種改良が試みられたようである

 

房総以西 四国の一部まで自生するガクアジサイの園芸品種と考えられ

花期は ちょうど梅雨時で 蜜に多数の花をつけ花房をつける

しかし 花弁に見えるのは 実は顎弁で 花は中心に小さく咲き

通常の和の紫陽花は 緑色から 白色 そして青色と変化する

淡紅色もあるが ガクアジサイの花序の少数のみが装飾花で 普通青色

赤色のは ベニガクアジサイと 別に呼ばれている

 

ヨーロッパより 逆輸入された紫陽花の方が 最近では多いのであろう

いわゆる西洋紫陽花(ハイドランジア)で 鉢物として 人気があるのだろうか

様々な色彩で 我々を楽しませてくれる これはこれでいいのだろう

 

私は 日本古来からの 青藍色の紫陽花が好きであり

サワアジサイとかヤマアジサイと言われる 

やや淋しげな花が大好きである

 

 

 

 

下段の口絵はサワアジサイと西洋紫陽花            挿入歌 小田和正 『僕等そうかな』

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中