衣更(ころもがえ)

 

 

 

 

衣更(ころもがえ)

 

 

 

 衣更(ころもがえ)と言う字は 俳句の季語であるが 

今日六月(水無月)一日に何処ででも衣更が行われる 

季節の移り変わりに応じて衣服を着替える習慣は 

平安時代の御世から 延々と行われて来たことだ 

人の生活にも季節のけじめがあり 

特に着物には 季節のけじめがきっちりとしている

 

  衣更を大きく分けると 十月から翌年の五月まで袷(あわせ) 

六月から九月までが単(ひとえ)となる 

更に単でも 六月と九月は透けないもの 

盛夏の季節は 羅(うすもの)と呼び 或いは薄物とも言うが 

絽(ろ) 紗(しゃ) 麻などがあり 透けて見えてもいい 

帯も絽つづれ 紗 羅などの夏の帯を〆る 

尚ウールの着物は 冬でも単仕立てでもいいが 

仕来りとして この基準は覚えておいた方がよい

 

 袷の着物は配色を楽しむと同時に 防寒の意味がある 

図案化された花模様は季節を問わないが 櫻とか朝顔などは 季節をはっきりと選ぶ 

尤も宇野千代のおばちゃまぐらいになって 櫻馬鹿を標榜している人にはこれは当てはまらないが・・・・・ 

又お洒落な御仁は 衣更の前後に先取りして着ることもある

 単はいいけれど 袷はどうかなと思う 

何故かと言えば 九月末は未だ暑い時候だし 袷はないだろうと思う

 

 私の持ち物は 洋服より和服が多いかも知れない 

先祖からの伝承されて来たものもあるが 

第一に 自宅では和服でいる時の方が圧倒的に多いからだ 

普段の着物も 特別な能衣装も みな綺麗に収納してあり 

使うべき時には 直ぐに出せるようになっている 

夏場 雪駄に信玄袋を抱え 絽の着物で 出掛けることが多い 

無論背丈が高いから 矢鱈と目立つようだが 好きなものは好きなのである みな誂えである

 今日は 特に男女の別なく 着物について喋りたい

 

 

 

      <お手入れ>

 

 着る時もしまう時も 着物に触る時は必ず手を洗ってから触りたい 

家の中で着る時も 前掛け エプロン 割烹着などを着れば それほど汚れないものである

 

 襟(えり) 袖口(そでぐち) 裾(すそ) 上前膝位置は 特に汚れ易い 

着る前に ちょっと拭いてから着ると 随分違うものである 

車のシートは特に汚れているから 白い和服の場合は風呂敷などを敷いてから 乗りたい 

晴れ着の場合 コートや羽織りを着ると 魔除けになる

 

 外出から帰ってから 先ず脱いだ着物に 風を通す 

えもん掛けに掛けて 二~三時間ぐらい陰干しにして 汗や肌の温もりを取る 

絹物は特に湿気を嫌うので 体温を逃がしてから 乾かすことが肝要である

 

 肩先 おはしょり 縫い目などのほこりは 色焼けの原因になるので 

ベルベットなどで造った小座布団で 布目に沿って ほこりを取っておく 

次に汚れ易いところを よく点検する 

襟山(えりやま)には お化粧の油汚れ 袖口や裾には ほこりの汚れがはっきりしてついているので 

乾いたタオルでよく拭いておく

 

 ちょっとした汚れや沁みは 乾いたタオルを畳んで置き 

その上に 汚れた部分を載せ カット綿にベンジンを含ませてから叩く 

カット綿は小まめに取替え 下の布も徐々にずらせて 

綺麗な位置に 汚れた部分を載せるようにして行く 

こすったりしてはいけない 下に敷いた布に 汚れを移して行くようにするのがコツである

 

 汚ればかり気にしていると 乾いた後 隈取(くまどり)のような模様が出来てしまうので 

汚れの外環をぼかすようにたたいておく それでも出来た場合 霧吹きでベンジンを吹き掛けるとよい

 

 食べこぼしなどは 直ぐにハンカチなどを下の敷き おしぼりで手早く汚れを叩き出しておく 

そして手のしアイロン(手のひらで 着物の裏と表を挟むようにして)で乾かす 

こうしておくと 後で沁みになったりしない 

ただ後で何か分からない汚れや沁みは 水を霧吹きで吹き掛けてみる 

水分を含むと 黒く浮いて見えるものは水分でも充分に落ちる 

楊枝の先に綿を巻き 水分を含ませ それで叩いてもよい 

根気が要るかも知れないが それでも汚れや沁みが分からない時は 

専門家に任せた方が無難であろう

 

 着物や帯をしまう時 花茣蓙(はなござ)や大きなたとう紙を敷いて その上でたたむ 

手をよく洗って 汚れた手で触らないのが大事である 

たたむ大きさは 箪笥(たんす)や収納する容器によって違うが 

出来るだけ大きめにたたむのがコツである 

大きくたたむと 余分な皺が出来ず 着た時も美しい線が出る

 留袖(とめそで)などは 折り目のところに和紙を巻いて入れたり 

真綿をくるんだ手ぬぐいを入れたりしておく 

金 銀 箔 刺繍 紋のところは 特に柔らかな紙を当てておく 

 

 たたんだ着物を何枚も重ねて箪笥にしまうと 出しにくかったり 皺になるので 

一枚ずつたとう紙や木綿の風呂敷に包んでおくといい 

ムカシはうこんの風呂敷に包んだものだが 今では防虫剤も出回っているので 

古くなったシーツなどを切って よく洗い のり気を取ってから利用するといい 

たとう紙も よく乾いたのり気がないものでないと 布に沁みが着いたりするので要注意 

防虫剤を使う時は 直接入れてはいけない 必ず薄紙に包んで使う 

食べこぼしや汚れさえなければ 矢鱈と防虫剤は使うべきではないだろう

 

 このように汚れないように気をつけたり 細かい心配りをすると 

着物や帯は何時までも新しく美しいままで しかも長持ちすることが出来る 

帯揚げや帯締め 紐類などの小物も 使う時に直ぐに出せるように 綺麗に収納しておきたいものである

 

 

 

      <虫干し>

 

 昔から 虫干しは年中行事の一つになっている 

中には大切で高価な着物もあるので 風を通し 大切に守って来た 

当家には 先祖伝来の着物も多い 

特に古い小袖などは 額装して 壁に掛けて飾ってあるが 

なかなか見応えがあるものがある

 

 土用干しと言われ 梅雨の時期に たっぷり含んだ湿気を取り除き 

虫害を防ぐのは 梅雨明けの土用の頃である 

但しこの時期の虫干しは本来ではなく 一時的なものである 

虫が最もよく活動するのは 三月から十月までで この時期は防虫剤を切らさないようにすべきであろう

 土用に一度干して 乾燥期の十一月頃 更にもう一度虫干しをする 

乾燥期に虫干しをするのは 関東から以西のことで 

雪国では 梅雨明けの晴天続きの一日を選ぶべきであろう 

 

 虫干しは 戸や障子を開け放ち 衣類を風の向きによって吊るし 陰干しにする 

何時までも出しておくと 逆に湿気を含むので 日中だけにし 陽が翳る頃は 取り込むようにする 

着物を日常着にしていない方でも 年に一度は虫干しをして よく点検しておきたいものである

 

 古書や書画骨董の類の虫干しも こうした季節に行われる 

古書には タバコの葉を防虫剤として入れておく 

宗家などで 珍しいものの虫干しをする時は 弟子筋に必ずお声が掛かって 有り難いことだ 

珍しい能衣装や能面 更には書画・骨董を見学に行く 大変な楽しみの一つである 

単なる夏物と冬物との入れ替えだけではなく 一つの文化にまでなっているような気がしている

 

 当家では 今頃三人のお手伝いさんが 大汗をかきながら 衣更をしている頃であろう 

申し訳ありませぬ もう少し我慢して戴ければ おいおい帰れるようになるでしょう!

 

                                      

単の麻の着物と無地の兵児帯

 

 

 

広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中