日本の誇れる名櫻・三春の瀧櫻

 

 

 

 

日本の誇れる名櫻・三春の瀧櫻

 

 

瀧櫻と父と

 

 

   瀧櫻の豪華さ華麗さは群を抜いている 上部から瀧が流れるように しっとりと枝垂れて

   まさに横綱級の圧巻だ 最初に見たのは 私が小学三年生 父から無理矢理起こされ

   真夜中のうちに東京を発って 東北自動車道路を走り 郡山インターを出た頃は 未だ

   暗かったように覚えている 今のように 櫻公園になっておらず 複雑な道路をクネクネ

   とクルマで登って行く 狭い路肩に駐車して 少々歩くと 夜もしらじらと明け 朝の陽炎

   に 瀧櫻は立っていた 私はそのあまりの見事さに 眠気を忘れ息を飲み いつしか全

   身の感性が震え とんがり そして止むことがなかった 涙を零したと思う 厳父は何も

   語らず 私の肩をそっと抱き 近くに寄り 樹の元の祠に手を合わせ お参りし 瀧櫻を

   見上げた よく来たな お前達とでも 大樹はかたっているかのようであった 

 

 

 

   樹高12㍍ 根周り11㍍ 枝張は北へ4,6㍍ 東へ10,7㍍ 南へ13,9㍍ 西へ14,5㍍

   の巨木だ 花は 淡墨櫻と同じ江戸彼岸の小さな小さな花で 無数の花びらが迸り出て

   いる 古来から瀧櫻と呼ばれ親しまれているが 樹下にある祠の由来も この花の由来

   も何も分かっていない 多くの植物学者などの推定で 樹齢は1000年と言われている

   所在地 福島県田村郡三春町大字瀧字櫻久保 JR磐越東線三春駅から約8キロにある

   大正11年10月 国の天然記念物に指定され 日本三大櫻の一つと言われる堂々たる

   江戸彼岸櫻系紅枝垂れ櫻だ 皇居新宮殿正殿の松の間杉戸絵を飾る『櫻』(橋本明治

   画伯作)のモデルにもなっている 現在櫻公園として 付近は整備され 駐車場750台

   収容出来るようになっている 高速道路では磐越自動車道路の船引・三春ICから7キロ

   道順は路上に臨時の看板が立てられ それに従って行けばよい 但し8時過ぎは混む

   更に 現地では瀧櫻の子孫の苗木も売っているから それが堪らなく嬉しい

 

 

 

   厳父と一緒だと 余程のことがない限りおしゃべりをしない ただこの時は違った 三春

   には この瀧櫻の他に名櫻と呼ばれる櫻が7箇所もあり 人口僅か2万4千人なのに 町

   全体には1万本の櫻が溢れているからだった 母から作って戴いたオニギリを食べなが

   ら それらを順に廻り すっかり心が昂った所為だったのだろう 父は優しい人なんだと

   初めて認識した日でもあったし 私が櫻好きになった契機となった日でもあった 今でも

   あの時の父の相好を崩した顔の印象は忘れ去ることはない 

 

 

   福島は浜通と中通と会津の各地方に別れ それぞれに分散しているが 三春は伊達家

   と密接な関係があって 古い城下町である ここからひとっ走りすれば 会津に出て 会

   津五櫻にも逢える 鶴ヶ城では 四月中旬になると 櫻が満開になり ライトアップされ

   嘗て明治維新の際 悲劇的な落城を余儀なくされた名城が 今は復刻され 見事な姿

   で我々を迎えてくれる 武家屋敷近くの石部櫻は最も見事な江戸彼岸の名櫻だ 父と

   行った時は そこまでは知らず 後年私はその辺りの美しい櫻を知ることになる

 

   ところが去年1月17日に 三春の瀧櫻に悲劇は起こった 折りしも降り続いた大雪の為

   瀧櫻のテッペン付近の枝が12本ほど折損してしまったのだ 町から要請を受けたさくら

   の会の樹木医として 私もその修復に参加した 見た瞬間 余りの哀しみに 声すら出

   なかった 足場を組み修理に掛かった 樹自体の勢いと言うか生命力で 樹は見事に

   修復され 数年後には全くなかったかのように 他の枝が生えて来て覆うだろう

 

 

   上記写真は 折損後翌日撮られた写真である 見た目にも分かろう 防腐剤を塗布し

   切り口を保護して終えた そしたら四月になり 心配していた花が見事に咲いたのであ

   る 後年こんな関わり方をする男になった私を もし父が知ったとしたら 何て言うだろ

   うか 聞いてみたい気がしないでもない それにしても 櫻の生命力は凄いと改めて感

   じ入って ただただ感心した 下の写真は折損部分近くの去年の満開の櫻である 私は

   毎年 この花の開花を 天国にいる父とともに楽しみにしている

 

  

 http://www.town.miharu.fukushima.jp/takizakura/index.htm

 (三春町公式ホームページの中の櫻情報 ライブカメラもある 現在の状況が手に取るよう

   に分かる 特にQ&Aには 他の多くの櫻情報や興味あるお話も記載されている)

 http://www.ycci.or.jp/sakura_/map.html 

 (会津五櫻から 山形県置賜地方へ櫻ロマン街道 山形県にも凄い名木が数多くある)

 

 ちなみに 日本三大名櫻とは 岐阜県根尾谷の淡墨櫻 山梨県北杜市実相寺の神代櫻と

 この三春の瀧櫻である 神代櫻とは 日本最古の櫻で 樹齢1800年の巨樹だが 哀れを

 催す印象があり さすがに老樹 従って東西の横綱に分かれ 二大名櫻とも呼ばれている

 

 本原稿も書き貯め原稿で 下書きにしてあった 後4記事で 書き貯めはなくなる 

そんなことで お陰さまで 治療に専念出来ている 

微熱は未だ続いているが 随分気分はよくなった 

これも皆さまの応援の賜物と 深い感謝に堪えない 合掌

 

広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中