花祭り・釈迦物語

 

 

                                                                          東大寺の潅仏会 可愛い仏さまに 甘茶を掛けて お祝いをする 

 

 

花祭り・釈迦物語

 

 

 4月8日は 釈尊が誕生した花祭りの日である 

全国の御寺で 潅仏会(かんぶつえ)と言われるお釈迦さまの誕生のお祝いがある 

お生まれになられた瞬間「天上天下唯我独尊」と言って 7歩前へ進まれた幼子の釈尊に 

甘茶を掛け 誕生を心から歓ぶ日だ 今日はお釈迦さまの誕生から 生涯の物語を 

分かり易く端的にお話したい 

 

 

  <誕生>

 

 ヒマラヤ山麓の南側に小さな国があった 由緒正しい釈迦族の国のことである 

北からガンジスに流れる支流ローヒニー川のほとり 

現在ではネパールとインドの国境に位置する肥沃で豊かな大地と瞑想に相応しい森林に富む地帯であった

 

 今から凡そ2500年前 紀元前6世紀頃 この国に一人の王子が生まれる 

父はスッドーダナ王 母はマーヤー 生まれた王子はゴータマ・シッダッタ

(梵語では ガゥータマ・シッダールタ)と名付けられ 後の仏陀(ブッダ=悟った人と言う意味)で 

日本ではお釈迦さまとして親しい 時にインド暦の第4月 花が最も盛りを迎えるヴェーサーカ月8日 

太陽暦の4月頃にあたる日に生まれた実在の人だ

 

 後に 目覚めたる人 真理を悟りたる人となって 

人々に苦悩から解き放つ教えを施したこの人に対し 

崇敬の念を籠めた思いが この王子の誕生にまつわる数々の奇跡を語り継ぐようになる

 

 後世に成立した伝説には 母マーヤーが 或る夜 6牙の白象が胎内に入る夢を見て懐妊し 

二年後ルンピニーの花園で 花を手折ろうとした時 その右脇から出生したと言う 

生まれ落ちた王子は 東西南北に7歩ずつ歩み 

上下を指差して「天上天下唯我独尊」と発したとあるが 

後の漢訳経典にはあるが その起源ははっきりしていない

 

 他の伝説もある 二匹の象(又は龍)が天上から 王子の頭上に水を降り注いだと言う 

インド古来の 偉大なる誕生を祝う儀式『灌頂(かんじょう=頭に聖なる水を注ぐ儀式)』は 

世俗的には王の即位を意味し 宗教的には精神の目覚めの時を示す儀式になっている 

恐らく 白象に乗せられたシッダッタ太子像に甘茶をそそいで祝う花祭りの風習は この辺りから起源があるのだろう 

中国にもインドにも こうして甘茶を掛けてお祝いをする風習はない 

インドの神々の飲み物を「不死」と言い 漢訳すると「甘露」となる 

天上から降り注いだ甘露の水にちなんで 日本では甘茶が使われるようになったのであろう 

更に天上天下を指差す太子像も インドで作られた形跡はないと言う

 

 遥か2500年前の 遠くインドで生まれた一人の王子の誕生を祝うのに 

幼児の像を花で飾り 甘茶を注ぎ掛ける日本の春の祭りは 美しく微笑ましく 何と優しいのであろうか

 

 

  <苦悩する太子>

 

 太子が生まれた時期の釈迦国は 西にコーサラ 東にマガダと言う2大強国に挟まれた

弱小の国で 政治的には難しい国であった 仮に豊かな国家であったとしても 

このような国の王子は ただそれだけで悩み多い王子であったろう 

生母マーヤーは太子を生んで7日後に亡くなっている 

幼くして母を亡くした王子には翳り(かげり)もあったであろう 

太子は聡明ながら 憂愁を秘めた思索好きの青年に育っていた 

老人の悩み苦しむ者を見て生きる価値に 疑問を抱き 死者の葬列に合って生命の空しさに思い悩み 

苦悩の多い人生に どうにか惑うことがない安らけく生きる道を求めた 

道を行く修行僧の 惑いのない清らかな目を見た時 太子は自分の進むべき道を感得した

 

 生きる意味とは何か 人間とは何者か 世界とは何ぞや すべての人生に苦悩しかないとしたら 

そこから抜け出す(解脱=げだつ)方策はあるのか 

人間存在の基本的苦悩の解決を求めて家を捨てることを決心するようになる 

放浪 難行苦行 瞑想に生きるバラモン僧や思想家の伝統がインドには古くからある 

そうして生きようとした太子の出家の意欲を知った父王は 

何とかして太子の心を繋ぎとめようと 歓楽によって癒そうとした

 

 16歳で妃を迎え 26歳で一子をもうけ そうしてでも太子の心は 一向に晴れなかった 

太子の出家への思いは益々助長されるのだった 

子供への愛情が心を鈍らすと言うのか 長男誕生の知らせを受けた太子は

「困ったことだ ラーフラ(妨害者の意味)が生じた」と呟いたところ 

それを誤って伝え聞いた家臣によって この子はラーフラと名付けられたと言う 

だがこの子の誕生は 父王スッドーダナの苦悩を幾分か和らげたのであろう

 

 

  <解脱への道>

 

 29歳の時 ついにその時が来た 或る夜太子は白馬カンタカに乗って 密かに城を抜け出し 南へ去った 

王子は着物を脱ぎ捨て 出家者の一人になった太子の輝かしい門出であった  

遊行者ゴータマ・シッダッタは こうして6年 瞑想と思索に明け暮れ 激しい苦行をするのだが 

苦行には何も生むものではないと悟り 或る日突然止めてしまう 

苦行で汚れた身体を ネーランジャラー川の流で清め 牛飼いの娘の捧げる乳粥に 

断食で衰えた身体を養う太子の姿を見て 共に修行して来た5人の従者は

「ゴータマは堕落してしまった」と嘆き哀しんで 太子のもとを去って行ってしまう

 

 ビハール州ガヤー市の南8キロのブッダガヤー 

往時のウルヴェーラ村で ピッパラと言う樹の下に草を敷き 太子は沈思黙考をした 

まだ僅かに残る太子の心の迷いが 悪魔となって襲来し 太子を苦しめるのだ 

そのあくる日の朝 太子は全宇宙を覆う真理・人間存在の真相―――『法』 

梵語ではダルマ パーリ語でダンマ―――を余すところなく大悟し 仏陀=覚者となった 

静かな歓びがあった 天空を駆ける自由があった 

そしてピッパラの樹は菩提(さとり)樹の名を得たのだった

 

 

  <説法の後半生>

 

 釈尊は悟り得た天然の理法を 心に繰り返し歓びに浸ったが 人に説こうとは思わなかった 

真理は言葉で表現出来ようか それは論理や経験や知性を超えた実感としてのみ つかみ得るものだからだ 

限りなく錯綜した人間世界の存在の在り方(輪廻=りんね)と言っても 

真理に目覚めた寂静の境地(涅槃=ねはん)と言っても 

体得することがなかったら 所詮それは言葉でしかないからだ 

言葉に過ぎない されど言葉でしか伝達が出来ない 仏陀はためらう

 

 それでも釈尊はすべてを乗り越えて 法を説くべくベナレス近郊サールナートへ旅発った 

そこで 嘗て釈尊を見限って行った5人が 佛教最初の比丘(びく=僧侶)となった 

その後クシナガラの沙羅双樹の下で 80歳の生涯を閉じるまで ガンジス流域を 

行く雲 流れる水の如く 歩み始め 人々に解脱の道を説く一生であった 

その説く言葉は平易で 聴き手に合わせた話し方は どんな人をも納得させた 

人々は釈尊を 人と神々の師と仰ぎ 世界の智恵と実践を持てるものと呼んだ

 

 

  <釈尊の教え>

 

 人は 苦悩の人生を抜け出す為に 快楽の道に走り 実践と伴わない思索に耽り 

苦行をすることによって得る精神の自由 時には絶対的で唯一とされる神にすがったり 

これらは皆何処かに誤りがあるのではないか 神であれ霊魂であれ 

凡そそのものだけで独立して存在するものなどない(無我) 

すべては相拠り 相関わって 初めて存在する(縁起) 

ところが 欲望に目がくらんで 適えようもない望みを抱くところに 人間の苦悩が始まる 

誤った欲望を捨て 真理を見ようとしない愚かしさ(無明) 

それらを転じて あるがままにモノを観る(如実知見=にょじつちけん) 

そのことだけが心の平和(涅槃=ねはん)と精神の自由(解脱=げだつ)への道であると 釈尊は説くのであった 

数々の比喩(ひゆ=たとえること)を巧みに用い説き続けた 

そして釈尊は奇跡を行わず 奇跡を語ることもしなかった 

最も大切なこと それは 人がいかに生きるべきかと 説いたのであった

 

 固定観念を排除し 偏見を捨てて 教えを説いた釈尊は 

当然のことながら カースト(インド古来にあった身分階級制度)を否定し 

人間の平等を説いた主張は 生半跏な平等論者ではなかった 

平等なき差別は悪差別 差別なき平等は悪平等と説き続けた 

人間の尊卑を決めるのは 生まれではなく 

その人の行為そのものであると歌った詩が 今でもインドにある

 

 釈尊滅後 それぞれの土地 それぞれの時代環境などにふさわしい言葉で 

教えは語り継がれ 佛教はより一層多彩なものになって行った 

釈尊の残した戒律と教法を 一語一語厳格に守って行く上座佛教は 東南アジアに広がった 

釈尊の人柄を慕い その言葉の真意を汲み取って実践修行を主にする大乗佛教は 

シルクロードの砂漠と高山を越えて 中国に伝わった(玄奘三蔵の存在が大きかった) 

そうして「縁起」の理法は 時代とともに「無自性」と言われ 「空」と言葉を換えて説かれるようになった

 

 釈尊入滅の時の言葉は

『自らを灯火とし 法(真理)を灯火とし 他の何物も灯火とするな 自らを拠所(よりどころ)とし 

法を拠所にして 他の何物も拠所にするな』と言うものであった

 

 

  <我生きむ>

 

 日本では 万物に宿る神々(八百万の神々)への信仰=神道と 上手に結び付いた 

その結果 世界で最も民主的な信仰になっていると私は信じている 

偶像崇拝もない 絶対神もない 天然自然の理法がすべてである 

ところが世界で最も古い宗教であるユダヤ教では 聖典タムロードの第二条に書かれた「唯一の正義は武力である」 

世紀前から 流浪を強いられたユダヤ人にとって 富と権力が唯一の拠所ではなかったか 

ヒトラーはそれを恐れ そして今や世界の金融を牛耳っているのは ユダヤマネーであろう 

キリストにもイスラムにも 武力を根本理念にする宗教など どこにもない 

第二次世界大戦で あれだけの犠牲と労苦を強いられた民族だからこそ 

パレスチナ紛争や隠然たる勢力のあるアメリカの右翼=武器商人に 心から自重を促し 

世界の平和に寄与して戴きたいと 切に切に願っている

 

 4月8日 潅仏会の日 私は生まれた 

今年で不惑の年 これも何かの因縁であろう 

人の為に生き 人の為に死にたいものだと 限りある人生を 

今静かに改めて思い描いているところである

 

広告
カテゴリー: 宗教 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中