櫻鯛・櫻鱒・櫻海老

 

 

 

 

 

櫻鯛・櫻鱒・櫻海老

 

 

櫻鯛とは この時期にあがる真鯛のことで 櫻の時期が一応 旬である

普段 深い海に生息している真鯛は この時期だけ産卵の為に浅瀬に出て来る

折りしも櫻繚乱と咲き 野山が櫻色に染まる頃 真鯛も又婚姻色に染まるのだ

若い時分は 大トロの方がよかったが それも銀座・久兵衛などでは 

わざわざ大トロを炙って 油を落としてくれるのに 目が行くようになり

ついには 次第に 癖がなく 甘美で 淡白な鯛の美味に

異様に拘るようになって来るのが 可笑しい 

そう言えば 日本人は真鯛に対する執念は 凄まじいものがある

味は周年であることも 大きな理由であろう

「海老で鯛を釣る」と言われるくらい真鯛は海老やイカナゴを飽食する

従って瀬戸内でも 海老やイカナゴが多く生息する明石や鳴門の真鯛が

珍重されるようになっている 止む無しであろう

 

ところが産卵を終えると 疲れ果て 身は痩せて 味が落ちて来る

これを『麦わら鯛』と名を変え 体色も麦わら色になり

 味は麦わらを噛むようになって来る

 

だが日本列島は長く広い 海の温度差で 各地に様々な真鯛が上がる

裏日本では 麦わら鯛の時期が 最も美味しいとされ 旬の時期が違っている

面白いものである 櫻鯛とは 真鯛の美称で 鯛と呼べるのは 他に血鯛(花鯛)と

黄鯛(連呼鯛)のみであり 金目鯛・黒鯛・蝶鯛などは アヤカリ鯛と呼んでいる

 

巻頭の写真にあるのは 瀬戸内・岡山から届く伝八笠に包まれた浜焼きだ

一尾でも高価なものだが 美味である 特に岡山の「志ほや」をお薦めしたい

 

三陸や能登から この時期素晴らしい櫻鱒も手に入る

嘗て魯山人が好んだとされる櫻鱒は この時期が絶好の旬の時期であろう

油が乗って美味しいし 甘く 刺身でもいいが 一工夫 ヅケや昆布〆でも良かろう

 

更に相模湾では 櫻海老が獲れる 

富士川の河川敷で 天日干しをしている光景は この時期の風物詩だ

海邊の料理屋では 生の櫻海老を 掻き揚げにして出してくれる

分厚く ほっこらと仕上げてくれて カリカリッ ガバッと食す

無上の幸せである

 

又市場では 朝掘り筍が出回り 藻屑蟹や蕗も出始めるから 目を離せない

春の食卓は 何時になく賑やかで 花見の余韻が続いているとでも言えようか

どのような場所で どのようにして 櫻花を見るのか 連日ドキドキして堪らない

 

 

 

このブログは「和」をキーワードに書かせて戴いている

最近 その意味で 私の古いお仲間である雪月花さんが

ご自分のブログを始めていることが分かって 落涙する程嬉しかった

以前も 素敵な和の空間のHPであったが 一層感性が磨かれたと思う

よろしかったら 彼女へのブログ散歩をお薦めしたい

http://blog.goo.ne.jp/setsugekka_2/ (雪月花 季節を感じて)

 

 

 

 

 http://www.shihoya.co.jp/tai.html岡山・志ほやホームページ 櫻鯛の浜焼き)

広告
カテゴリー: 料理 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中