櫻への思いのままに

 

 

                                        千鳥が淵 

 

 

櫻への思いのままに

 

あの心臓の大手術から 半年

よう生きて来れたと この櫻の色を見て ぐぐっと来た

ふたたび 花を見れるのだから

 

櫻への思いが強い分だけ 生きられた

 

こうして 千鳥が淵の櫻も 愈々開花する

何と言う嬉しさであり 歓びであろうか

 

循環器につき 今度は腎臓に病根があるようだが

私は 決して病気などに負けない

 

櫻が散ったら 又花の来る日を思えばいい

櫻が儚いのではなく 人の心が儚いだけである

 

さぁ 勇気を出して 櫻とともに生きよう

 

                                     平成18年3月15日 吉日

 

 

 

 

この後櫻の記事は 吉野山・醍醐櫻・瀧櫻で

一先ず中断させて頂きます 北国の開花に

合わせ 時期が来たら再び再開出来ればと

広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中