啓蟄に 春一番

 

 

 
 
 
 
 
啓蟄に 春一番
 
 
 
折りしも啓蟄の日に 温かい春の風が 春一番である
 
夕刻 護国寺に行き 久世さんの通夜に出る
 
芸能人や財界人など 大勢の弔問客があり
 
祭壇には 愛用のピースを手にされた
 
如何にも久世さんらしい写真が飾ってある
 
 
 
私は 故人のご冥福を心底から祈る
 
 
 
中には 最も親しかった森繁久彌さんの姿
 
92歳にもなられて 翁はどれだけ多くの人を
 
彼岸へ見送って来られたのであろうか
 
ヨボヨボの足に 深い哀しみが満ち満ちている
 
 
 
前夜 仲のいい沢田研二夫妻と楽しい夕食をともに
 
どんなに楽しかったことだったろう
 
翌朝の4時に心臓発作を起こし
 
そのままだったと言う
 
余りにも 瞬間の出来事に 
 
さすがに久世さんの演出と言うひそひそ話がする
 
沢田研二夫妻や宮沢りえさんや中村獅堂夫妻の後姿が特に痛々しい
 
 
 
会場を後にする
 
生温かい春の風一塵
 
 
 
父と同様に厳しかった久世さん
 
自分で自分の跡始末をして逝ってしまった
 
 
 
アラーキーから 今年一月末に
 
自分の葬儀用にと撮られた写真だったと言う
 
 
 
虫たちが目覚め ガサゴソと言う音とともに
 
頑張るんだぞと あの明るい久世さんの叱責が
 
 春一番の闇をつんざき 耳元で囁いたような気がした
 
 
 
改めて 御冥福を御祈り申し上げます
 
<本日午前11時より ご葬儀>
 
 
 
 櫻灯路
 
 
 
 
広告
カテゴリー: メモリー パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中