梅花 凛として

 

                                                      YOUPVさんの写真から 北野天満宮 白梅と紅梅

 

 

 

梅花 凛として

 

 梅花は古来から 凛として咲いて来た 中国の国花だが 中国ではそれ程観賞されたりすることは少ないようだ 

(尚中国の国花は梅花と牡丹である 両者政争しあっていて 決定打がなく 

今では両者とも仲良く国花になっている 清高な梅も艶っぽい牡丹も両者とも好きだと言う意味であろう) 

我が国では 万葉の時代には特に重用されていた花だ 万葉集には 萩の次に多く登場する 

古く王侯・貴族達の間では 櫻より好まれて来た証であろうか 学名が又興味深い 

かのシーボルトが書いた『日本植物誌』に記載されているが 

日本古来の原生種だと信じたのだろう 日本語のウメと言う発音がそのまま使われた 

学名はブルーヌス・ムメ!

 

<種類>

 

 カタチや性格から 主に三種類に分けられている 野梅系 紅梅系 豊後系であり 

そのほとんごが観賞用である 品種は約350種を超えるが 

その中には実梅のモノが50種入っている

 

         野梅系 原種に近い丈夫な梅であり 切断面は紅梅でも 赤くない 枝数が多く葉は小型

              (寒衣 冬至 筑紫紅などがある)

         紅梅系 花の色や木肌や切断面がすべて赤い

              (関守 東雲 鹿児島などがある)

         豊後系 枝は細く荒いし少ない 葉は大型で丸く表面に短毛がある 花は大きく顎は反り返る

              (藤牡丹枝垂れ 簾の内 記念などがある)

 

 そうして それぞれの特徴を生かした名前が付けられているが その前に次のように分類されている

           本紅  艶のある明るい紅色をしている

           移り白 蕾はピンクだが 開花すると白になる

           移り色 蕾と咲き始めはピンクだが 満開になると 白くなる

           移り紅 蕾と咲き始めは白いが 満開になると紅色になる

           絞り   絞り染め 半染め 吹きかけ絞りなどの斑模様が出る

           口紅  花弁の周緑部が紅色で 芯は淡色になる

           底紅  口紅の逆で 周緑部が白か淡色で 芯が紅色になる

           裏紅  花弁の裏側が紅色で 表面が淡色

           覆輪  紅色の花弁の周緑部が白で それに多少の紅がかかる

 

  <菅原道真公の飛梅伝説>

 

 
 平安時代 政争に巻き込まれて 菅原道真公が 突如あらゆる役職を解かれ 
 
遠く九州の大宰府に赴任することになった 冤罪であった 幼児二人と門下生一人と言う淋しい門出
 
門出の朝 永年住み慣れた我が家の庭には 彼らを見送るように 梅の花だけが 微笑して咲いていた 
 
そこで道真公が 「東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春なわすれそ」と別れを告げた 
 
すると梅の花は 道真公を慕い 一夜のうちに道真公を追って行き 花を咲かせたと言う 
 
これが大宰府天満宮の『飛梅』と言われる梅である 
 
道真公亡き後 境内に咲く六千本の梅の中で 最も早く咲く梅だと言う 
 
合格祈願などで 今時多くの参拝者で賑わう天神さまとは 他でもない この菅原道真公のことで 
 
彼の学問への秀逸さから発し 学問の神様と慕われているせいである
 
 
 
<文学における梅花>
 
 
 泉鏡花は『婦系図』の中で 悲恋の末別れなければならなかった男女の深い哀しみを 
 
湯島天神の白梅で飾り 最も美しい別れ場面を演出した 
 
島崎藤村は処女詩集『若菜集』や『草枕』で数多くの梅花を取り上げている 
 
そして最期の作品『落梅集』にも登場して来る
 
 
『問答の歌』 其一
 
 梅は酸くして梅の樹の
 
 葉かげに青き玉をなし
 
柿甘くして柿の樹の
 
梢に高くかかれるを
 
君は酸からず甘からず
 
辛きはいかに唐がらし
 
 
 
こたへていはく吾とても
 
柿の甘さを知れるなり
 
梅の酢さも知れるなり
 
ただいかにせむ他(ひと)の上
 
吾は拙なきものなれば
 
生まれながらに辛きなり
 
 
 
二つの味を一つ身に
 
兼ぬべき世とも見えざれば
 
のたまふ酢さと甘きとは
 
梅と柿とに任せおき
 
吾は一つを楽みて
 
せめて辛きを守り頼まん
                          藤村・『落梅集』より
 
 又直接梅花とは関係ないけれど 藤村の詩と 
 
一味違った高村光太郎の『智恵子抄』から ここに掲載しておきたい
 
 
『梅酒』
 
死んだ智恵子が造っておいた瓶(びん)の梅酒は
 
十年の重みにどんより澱(よど)んで光を葆(つつ)み、
 
いま琥珀(こはく)の杯に凝って玉のやうだ。
 
ひとりで早春の夜ふけの寒いとき、
 
これをあがってくださいと、
 
おのれの死後に遺していった人を思ふ。
 
おのれのあたまの壊れる不安に脅かされ、
 
もうぢき駄目になると思ふ悲に
 
智恵子は身のまはりの始末をした。
 
七年の狂気は死んで終った。
 
厨に見つけたこの梅酒の芳りある甘さを
 
わたしはしずかにしづかに味はふ。
 
狂瀾怒涛の世界の叫も
 
この一瞬を犯しがたい。
 
あはれな一個の生命を正視する時、
 
世界はただこれを遠巻にする。
 
夜風も絶えた。
                               『智恵子抄』 収録最後の
 
 
 
<梅花に関するとこわざなど>
 
 
 「櫻切るバカ 梅切らぬバカ」と言うことわざがある 櫻は切り口から腐食しやすく 
 
花も着かなくなり 枯らしてしまうと言う意味で 梅は切ったり折ったりした部分から幾らでも枝が発生してくると言う 
 
まさしくその通りでなのである
 
 「塩梅」(あんばい)とは 梅干の塩加減を見ると言うことから始まって
 
食べ物全般に渡って味加減を見ることになり そして昨今では物事の状態の
 
成否を言う時に使われるようになっている
 
 梅干は古くから 薬用にされて来て 梅干の焼いたのを食べると 
 
風邪に効くと言われるが 最近のインフルエンザに効くものであろうか 
 
筆者は確かめていない 又様々な調理に使われていて 大人の味とでも言うのだろう 
 
 
 
<梅花に関する名品>
 
 
 梅花は日本画によく登場して来るが 最も有名なのは 尾形光琳の『紅白梅図屏風』であろうか 
 
例年2月一ヶ月間 熱海のMOA美術館で展示され 我々一般の者でも見ることが出来る 
 
更に三島大社には『梅蒔絵手箱』(鎌倉時代の作)や東京国立博物館には 
 
仁清(にんせい)作『色絵月梅図茶壷』など 多くの国宝が見られる 
 
如何に古くから愛されて来たかが伺い知れるのである
 
 
 
<梅花の見所>
 
 
 全国各地に 梅園があり これから盛んに梅祭りが開かれることだろう 
 
京都の北野天満宮を始めとして 水戸偕楽園(茨城)・熱海梅園(静岡)・入間郡越生梅林(埼玉)
 
・文京区湯島天神(東京)・青梅市吉野梅郷(東京)・小田原市の曽我梅林(神奈川)・三渓園(神奈川県横浜市)
 
・三方梅林(福井)・大宰府天満宮(福岡)・吉野の臥龍梅(大分)・高岡の月知梅(宮崎)など 
 
数々の梅の名所で 櫻が咲くまでの期間 大いに楽しめそうだ 
 
他にも梅の名所が御座いましたら 是非ご一報を下さりたく お願い申し上げます 
 
尚梅を楽しむのに ほとんどの方々は静かに堪能することが多いのも いい特徴でありましょう 
 
でも梅娘の美女コンテストは余計なような気がしているが まぁご愛嬌と言うべきところだろう 
 
大宰府天満宮の参道で売られている『梅が枝餅』が妙に懐かしい
 
 
 
 
(お断り)
 
   巻頭の写真2葉はゆうさんから お借り致しました 
   京都の風景写真を多く撮っていらっしゃる方です 
   二次使用をお控えしたいと存じますので よろしく
   お願い申し上げます
 
   ゆうさんの『京都写真』Blog http://youpv.exblog.jp/
広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中