毛越寺の延年の舞

 老女

 

 

毛越寺の延年の舞

 

1月20日 大寒の夜半に

 

 日本には古くから延年の舞と言うのがあった

加齢延年のことで 大寺で法会の後に 

一山の大衆・稚児・遊僧など

諸芸に堪能な者達によって催された遊宴・歌舞の総称を 

延年(えんねん)と言われた

 

平安時代中期から 江戸時代まで盛んに行われたらしく

全国の大寺には その記録がたくさん残っている

仏を称え 寺を誉め 天長地久を祈り 千秋万歳を寿ぎ

各自当時流行の諸芸を持ち寄り 

風流(ふりゅう)や連事(れんじ)に仕組み

或いは田楽や猿楽の衆を呼び寄せ 当時流行の能もやらせた

最も盛んに行われていた興福寺の延年は 

江戸時代に入ってからも盛んに行われたが 

元文二年の維摩会(ゆいまえ)を最後に廃れてしまった

 

処が 平泉の毛越寺(もうつうじ)の常行堂のお祭りには 

ほぼ完璧に近い形で 延年が残されていた

他に 平泉・中尊寺の白山宮祭り 小迫(おばさま)祭り 

陸中鹿角の大日堂祭堂 隠岐の島の国分寺蓮華会の延年にも 

そして日光山・輪王寺に一曲を残されている

それ以外は延年とは呼ばれていない

 

去年NHKの大河ドラマ『義経』の冒頭で 

白馬が走る場面があり 

平安朝の池が 次に映し出されていた 

あの池が この毛越寺に残る 

平安時代そのままの池 そのものである

 

その池の先に 小さな常行堂(じょうぎょうどう)があり 

毎年一月十四日から勤行(ごんぎょう)が始まり

延年の舞が行われるのは 二十日結願(けちがん=フィナーレ)の日の夜半 

雪のしんしんと降り頻る中

灯りは和蝋燭(わろうそく)のみ

古色蒼然たる舞が奉納される

 

老女の振る鈴の音だけが いにしえの記憶を呼び起こす

 

白髪かつらに老女面 水干(すいかん)に下袴を着け 鈴と扇を持ち

摩多羅神(まだらしん)を三拝し 神前で 

白髪を梳ける真似をし

尚 鈴を振って舞うのである

百歳の老女の矍鑠(かくしゃく)たる姿を演じるのだ

素晴らしい 静かで強く 美しい舞である 感動の涙を禁じえない

幾つになっても女性には 神々しい美しさがある

もの皆すべての母だからだろうか

 

この他延年の児舞として 立会(たちあい)と呼ばれる舞の

『花折』と『王母ヶ昔』とあり 地謡に合わせ 

舞楽(ぶがく)風に 美しい舞が舞われる

 

又延年の能として

『留鳥』『卒塔婆小町』『女郎花』『姥捨山』の四曲が残った

昔は数十番の能があって 猿楽と言われる能なのであろうか

 

まるで現代の様々な事柄の鎮魂を 真摯に祈っているかのような祭りである

 

これらの祭りを発掘された方は 故本田安次と言う偉大なる民俗学者であるが

今 ふと早稲田同門で ともに英文科出身の現代和歌の巨人

故会津八一先生の歌を思い出しました 

ここでご紹介しておきたい

   

          あめつちに われひとりゐて たつことく

                     このさみしさを きみはほほえむ

                              (法隆寺夢殿 救世観音像前にて)

 

                                秋艸道人詠む(会津八一筆名)

 

 

参考資料 摩多羅神 http://home10.highway.ne.jp/ikko/Japanese/1_J.html

          毛越寺ホームページ http://www.motsuji.or.jp/

 

口絵 毛越寺・常行堂 (尚写真は毛越寺のホームページより お借りしてあります)

広告
カテゴリー: まつり パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中