止むに止まれず

 

   
                                 このシティ・オブ・ヨークの薔薇の花を 多くの戦争による 国内外の犠牲者の御霊に捧げたい
 
 
 
 
   日本テレビ 終戦六十年スペシャルドラマ『火垂るの墓』を観て
 
 止むに止まれず どうしても書かなければ そんな思いがしたテレビ映画を観た 日本テレビで この11月にかけて 何故と言う思いがないわけではないが そう言えば靖国の秋の例大祭は 戦没者にとっては 真夏のお盆のようなもので すべての英霊が還って来る時期だからだろうか
 
 戦況怪しくなって来た神戸 偶然横川家の妻と澤野家に妻の従姉妹同士が出逢う お互いに戦地に夫を取られて行った 二人はもしものことがあったら助け合って行こうと約束をする B29の爆撃を受けた防空壕で 横川清太と節子の母が死ぬ 向日葵のような明るい子供四人が疎開していた従姉妹の澤野家に 二人は居を移し 同居をするのだが 夫の弟 澤野久子本人 その子四人 そして清太二人では 配給の食事はままならなかった そこへ澤野家の夫戦死の知らせを受け取る 食べるものに事欠き ついに清太二人の食事は 他と明らかに違って上澄ばかりだった 焼夷弾の雨が激しさを増すようになる お腹の空いた妹の為 清太は奔走するが どうにもならない 節子に唯一母の形見の指輪を 久子に取られ お米に換えられる だが二人の兄弟は 直ぐに再び以前のように 上澄に戻る そこでついに清太は 意を決して 池の辺の空き家に引っ越す 空腹続きの妹節子 栄養失調で弱っている 何とかして食料を調達しようとする清太 泥棒をしたり散々な目に合う清太だが 父は海軍将校である 必ず勝つと信じていた だが妹は虫の息 或る日玉音放送で 終戦となる 最後の資金を使って お米を買い 池の家に帰って お粥の準備をする時 妹節子は果ててしまう 泣きじゃくる清太 終戦になったからと言って 兄妹を探す澤野家 清太は妹を荼毘にふす そして三宮の駅頭で餓死し果てる やっとドロップ缶を見つけた澤野家の久子となつ 既に時遅く 殺したのは私達だとなつが主張するが 母久子は断じて生きて行かなければならない 軍隊は国民を守ってくれない 自分達は自分で守らなければと説諭する 老後のなつの回想で この映画が始まり ドロップの缶に納められた節子の骨を 思い出の川に散骨する場面で終わる 実は野坂昭如氏の原作を読んでいない 改めて興味をそそられた
 
 http://www.ntv.co.jp/hotaru/  (日本テレビ『火垂るの墓』ホームページ)
 
 以上がほぼ荒筋であるが アニメで観ていたものと どこが違うかと言うと 清太と節子の二人っ切りの惨い場面で アニメは終始したが 今度のこの作品では 戦争の背景から 何故当時エリート家族の軍人の家に生まれた兄妹が あのような悲惨な結果に終わったのか 初めて その状況が分かった気がする 場面場面で 切実な生きると言う問いかけに 何度涙しただろうか
 
 私は今回 この素晴らしい映画に 敢えて個人的な見解は言うまい
 
 戦争の相手国にも 同じようにより多くの人々が 同じような運命に翻弄された人々が たくさんいたことだろう そして又世界中で 未だに戦火が絶えない すべてが利権争い以外何でもない 戦争に大義はない あさましき人間の業のみが目立つ 十数年血で血を洗うようなベトナム戦争でも もう正式に国交回復と言う 未だ何年も経っていないんじゃないか だったらあの戦争は何だったんだ 死んだ者 犠牲になった者だけが跡に残されたと言うことか イラクでもアフガニスタンでもロシアの一部でもアフリカ各地でも 未だに戦争が続いている 犠牲になるのは みな弱い立場の人達だけである 而していかなる戦争にも 絶対反対である そうして今や 日本国憲法を改定しようとしている 我が愛する故郷を守る 充分理解している だがその一言だけで 右往左往してはならない しっかりと議論し 国民の多くの賛同を得て 改定すべきだと思う 興奮して寝付けなかった夜中も 今朝もひたすら読経し お祈りしか出来ないけれど 我が友カトリックのMiyokoさんも 真夜中のパリで 神へ祈ってくれたようである そんな仲間に 何と言う有り難きことかとアタマが下がる 未だ未だ涙腺は開きっ放しであって いつ涙が止まるのか 分からないけれど 早くどこへでも行けるように これからリハビリだ 歯を食いしばって頑張る
 
広告
カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中