お陰様で 退院です!

 

 
   また 花が観れると言う嬉しさ 生きていてよかった 花は 毎年 あんな枯れ木にも咲き 
     決して裏切らない 花咲か爺さんは この世にいるかも知れないと思う日に
 
 
 
 
 皆さまへ 謹んで あつく御礼を申し上げます
 
  皆さま お陰様をもちまして 明後日無事退院を出来ることとなりました どれほど多くのお励ましとご声援を受けたか 本当に身に余る光栄でありました 昨日お陰さまで お風呂にも入ることが出来 本当に素晴らしい心地がしました ああ 生きて帰れたんだと思うことで 胸が苦しいほど 有難く存じておりまする
 
 皆さまに 本当にこころから 感謝を申し上げます 有難う御座いました
 
 
 
 但し本日大変な衝撃を受けたのも ご報告しなければなりません 担当ドクターから 宣告されてしまったのです あなたは身体障害者ですからと 初め何のことか理解が出来ませんでした 詳しく医師の話を聞くと 心臓そのものに メスを入れた場合例外なく 身体障害者になると ただ私は納得しませんでした 原状回復を出来ますと言いませんでしたかと 確かに 人造弁やリングは何一つ入っていないし 3年から5年の時期 徐々にリハビリを重ねて行けば 以前とそう変わりなく 生活が出来ると言うのです 皇居マラソンでも 人と争う競走などしなければ 出来るようになれると言うのですが 残念ながら心臓そのものに メスを入れた場合 例外なく身体障害者扱いになるのだと言うのです 公共料金は無料になるし 旅客運賃は半額になると言うのですが それはどうでもいいことであり ただこのレッテルだけは外せないものか 飽くまで問い詰めました 残念ですが 役所にはそのような報告しか出来ないとのことだったのです
 
 
僧房弁閉鎖不全症による社会での日常生活活動が著しく制限される心臓機能障害
 
第一種身体障害者 等級別による級別4級
             
 
 以上が 退院に関して戴いた最終的なお土産でした 生きているだけで めっけものでしょうか 皇居マラソンも 3年後をメドに 徐々に頑張れば出来ると言うのですが やはり衝撃に変わりません このことを受けて 色々と考えますと まともな結婚は出来ないのではないかとか 仕事はもとより辞めるつもりでしたので それはいいことにして あれやこれや この衝撃から 立ち直らなければならないのでしょう
 
 ともかく皆さま方の こころからなる応援とご支援を深く深く感謝致し 今後の糧にしたいと考えておりまする
 
 本当に本当に有難う御座いました
 
                  
             平成17年9月24日吉日 (退院9月26日午前予定)
                         
                                     櫻庵      櫻灯路 生
 
 
広告
カテゴリー: 健康 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中