京都の秋へ気もそぞろ

 
                                                               写真は真冬に嵐山でもある花灯路のイメージ写真 12/9~18日
                                                            http://www.hanatouro.jp/
 
 
 (前書きとして)
 
 私は現在こんな風に入院中なのに 何も知らず 秋の京都見物に行きたいから 旅の設計をしてくれと 大學時代同じクラスだった女性から 廻りに廻ってメールが届きました 全員結婚していて 元ワンゲル部の40歳前の女性だけ7人で行くと言うものです 旅の設計はムカシから 私の得意分野になっていたらしいのです 私はブツブツ言いながらも 直ちに設計をして送ってさしあげました 初心者向けのコースです でも直ぐ削除するのは いかにも勿体無かったから 或る方に送って差し上げたところ 本当に私だけにと疑うんです ウエ~~ン! 古都に興味がある方だったので まじにそうだったのですが どうせこう言うことは公開した方が無難だいと思い たいしたことなくて恥ずかしいのですが その設計書を ここで 皆様に公開することにしました 何かの参考になって戴ければうれしいです
 
 
 < 錦秋の京都 オンナだらけのふわり旅 
 
 先方の条件 ホテルは会員制ホテルで予約済み 佐賀・高知・山形・東京の各地から集合するので 初日は 正午頃集合にして欲しい ツアーは使わない 我が侭が多い為 タクシーで移動要望 但し一台で7人全員が乗れるワゴンタイプのタクシー希望 京都は素人につき 計画通り行きたいが メーンを保津川下りしたい ホテル・タクシー料金以外は予算35000円以内 出来るだけ要望を適えるように 
 
 ★(タクシーは個人タクシーの堤さんに 直接相談するようにして下さい
          (http://www.kyotocity-taxi.com/ )
 ★道順などはすべてタクシーが行きますので ここでは省きます
 
 
((初日)) 正午京都駅構内「ホテル・グランヴィア京都」内ロビーにて 
       集合すること(http://www.granvia-kyoto.co.jp/
 
      先ず昼食の取り方と場所によってコースを替えます
 
 <昼食>
 
 ① 京都で最も有名なラーメン店 塩小路の『第一旭』 駅から直ぐで 九条ネギがたっぷり入っ 
    ています 予算750円
   尚ラーメンでよければ 駅構内伊勢丹10階に 京都ラーメン街で多数出店しています 
   選び放題 安いし美味しいです
 
 ② 銀閣寺参道入り口『おめん』で美味しいウドン 予算千円位
 
 ③ 祇園乙部仕出専門料理屋『菱岩』の豪華2段重ねお弁当
   予算は5千円台とやや高いが価値は充分あり 素晴らしい味 要予約 タクシーで途中自分
   で取りに行くこと
 
①の食事の時のコース
 
 泉涌寺(御寺 せんにゅうじ) http://www.mitera.org/
    御寺とは天皇家所縁の寺のことで 境内入り直ぐ 楊貴妃観音菩薩あり あやかりたい
    静謐な境内
 
    京都NO1の紅葉の名所 京都人なら 秋に誰でも行く但し臨済宗の禅寺なので装飾性
    はないが 通天橋の紅葉は見事 橋下を散策されると紅葉の海の真ただ中のよう!
 
~醍醐寺三宝院 http://www.daigoji.or.jp/index3.html
     秀吉の醍醐の花見で有名で櫻の名所の一つ 三宝院で 特別展が開催されている 特
     に枝垂れ櫻の紅葉もいい
 
                   ①は ここで終了し ホテル直行
 
②の食事の場合のコース 
 
     東山文化の粋 紅葉は少ないが 裏山にあがると最高の景観で 東山文化の良さがしみ
     じみと分かる 美しい
 
~哲学の道2キロ散策
    近場には小さな小粋な店舗あり お茶する場所もあり足に自信のある皆さんには丁度いい
    歩きのコース 櫻の紅葉
 
    尚哲学の道の途中に 普通なら外したくない御寺あり 
    ◎ 霊鑑寺 歴代天皇家の女子が入った仏門 椿で有名
      (普段は御寺に入れず でも11月23日から4日間だけ特別公開)
 
    ◎ 法然院 最も美しい紅葉処 哀しい物語が胸を打つ
 
~南禅寺 http://nanzenji.com/
    入り口付近の紅葉は見事 一番奥に琵琶湖からひいた疎水専用の有名なレンガ橋がある          
    塔頭(たっちゅう)も出来たら参観したい 参道に湯豆腐の『順正』などあり
 
    特別展開催あり 東福寺と並び称される紅葉のメッカ 阿弥陀堂で 見返り阿弥陀が優し
    く迎えてくれる これだけは外せない 三鈷の松を拾うと幸運あり 境内散策にうっとり
 
~真如堂 黒谷にあり 拝観料無料は珍しい 修学旅行者は来ない
   山門から三重塔付近 更に本堂裏手など 最高の紅葉
 
               ②のコースはここで終了にホテル直行
 
③の食事の場合 ②の完全な逆コースを行くべき 
 
    時間がなくなれば 銀閣寺を外してもよい 『菱岩』の豪華なお弁当は 真如堂入り口の茶
    店の緋毛氈上で お茶だけでも注文してから食べたい 無料ではⅩ オバタリアンを避けよ!
 
★初日の夜の食事 ホテルから河原町まで タクシーで出て来ること
 
 (参考)
 
  ⅰ 『出逢い茶屋おせん』 おばんざい こじんまりしたお店要予約 予算一人平均5千円 
    やすらげる京都人の為の店 http://www.yagenbori.co.jp/mise/index.html
 
 ⅱ 『蕪屋 かぶらや』 最近の超人気店 祇園甲部南座近く要予約 予算平均5千円位
   和風大衆で綺麗な店 http://www.cabura.co.jp/
 
  ⅲ  『露庵・菊乃井』 老舗『菊乃井』の3代目で TVで有名な村田吉弘氏のスタンド割烹
    http://www.kikunoi.jp/ 木屋町店 高台寺の方は料亭要予約一人平均1万円以上
    但し相談に乗ってくれます 村田さんは夜はほとんどこちらにおられる
 
 ⅳ 『ゆずや』 http://www.yuzuya.net/最も新しくオープンした和風大衆で 超雰囲気よし
    要予約 予算一人平均5千円 メニューも目新しい 
 
 ⅴ 『一銭洋食』 お金を掛けたくない場合 千円でお腹一杯所謂お好み焼きです 四条大橋
    を渡りると 左手に派手に見えます http://www.nandakana.com/gourmet/issen.html
 
 ⅵ Bar『我瑠慕』 グレタ・ガルボの大ファンのマスターマスターはかばちゃん系で 京都大学のイケ
   メンばかりいる 先斗町奥左 歌舞練場近く 一人3千円程 カクテル中心
 
 ⅶ 『がらがら もみじ』 最近オープンした町屋風バ~で ゆっくりおしゃべるするには最高 とても
    しゃれているバ~ 但しこれまでのような祇園から河原町周辺ではなく 麩屋町通りであり
    そこまでは流しのタクシー利用がいい 一人平均5千円程
 
 
((二日目)) 朝一番にホテル内で食事すること 混雑するので早めに出発することが重要 
       遠出あり 道路が混雑の見込の予想があるため
 
神護寺 お得意の山歩き 紅葉が素晴らしい 瓦化投げに挑戦したい 本堂横で茶席あり 映画
     テレビなどのロケで沢山使われる でもここは2時間以内で終えたい 山坂をさっさと歩く
 
     神護寺から有料道路で嵯峨野直行 JR嵯峨野駅にトロッコ列車乗り場あり 保津川下
     りとトロッコ列車の旅 保津峡やトロッコ列車から見える紅葉が素晴らしい トロッコ列車と
     亀岡から船乗り場までのバス料金と船と 3点セットで チケット購入すべき 一人4800
     円 尚お昼は船に売りに来るおでんなどや下船して 近くの軽食で済ませるべし
 
~天竜寺 http://www.hogonin.jp/ 塔頭の宝厳院に 本家の天竜寺も記載してある 天竜寺
     も素晴らしい紅葉の庭園 特に最近描かれた加山又造の泣き龍の天井画が凄い
 
~嵯峨野散策 時間がないため 嵯峨野で外せないのは二尊院と祇王寺 更に紅葉が美しい常
     寂光寺 時間があれば 奥の化野念仏寺にも立ち寄りたい 豆腐屋『森嘉』もいい
     大河内山荘 大覚寺 直指庵 厭離庵(非公開) 落柿舎 野々宮神社は泣いて割愛
 
     更に最深部愛宕神社鳥居脇に 鮎料理『平野屋』で夕食を済ませたい 但し制限時間
     がある為 予約の時に 到着予定時間を言うべき 鮎セットで一人1万5千円 湯豆腐だ
     と半額以下 絶品の田舎料理である 絵葉書で有名
 
     お夜食後 天竜寺川そばに宝厳院が去年からライトアップをしている 元気があったら そ
     こを見学してもよい http://www.hogonin.jp/
 
     但し二日目は 四条河原町には行けないはず 疲れがあると 嵯峨野から ホテル直行す
     べき ホテル内では軽食かコンビニか いずれお部屋食で
 
(二日目 別コース) 保津峡下りを諦めれば 他に行くべきコースがあって むしろこちらを薦めたい
     ところです ちなみに ご参考のために書いておきます
 
大原・三千院 御寺で門跡寺院(天皇家の兄弟などが出家した寺)由緒正しい天台密教の大き
      な寺院 中庭にある極楽往生院のご見学は是非 辺りの圧倒的な紅葉も素晴らしい
      http://www.sanzenin.or.jp/
 
~寂光院 大河ドラマ『義経』に出て来る建礼門院徳子が 平家の壇ノ浦で亡くなった武士を弔
      って生涯を終えた場所 近年火災で焼失したが 見事なご本尊様が出来て再興完了
      小さい御寺だが エントランス付近の紅葉の古木が凄い
 
~曼殊院 ここも門跡寺院だが 風情ある小さな紅葉名所 多分私が最も好きな御寺かも知れ
       ない 庭園も美しい http://www.manshuinmonzeki.jp/
 
~詩仙堂 樹齢400年と言われる山茶花が見事 樹齢150年の侘助もある 丁度花期かも
       江戸時代の武士石川丈山の別荘跡 庭園が見事 紅葉 様々な花々 静謐
 
    以上二日目の別ルート終了 お昼は各地のそこそこの店舗で 充分可能
 
 
 
 
 ((三日目・最終日)) 朝食はホテル内で取ること 朝8時出発とする
 
智積院  真言宗智山派の総本山で ここの美術を是非お見せしたい 長谷川等伯の『松林図』
       は国宝として名高いが もう一枚等伯には国宝がある この寺にある長谷川等伯の
       『楓図』は 秋の紅葉を大胆に描いた最高傑作であって 紅葉見物の最後を飾るにふ
       さわしいものになろう 息子九蔵の『櫻図』もなかなかの傑作
 
~清水寺 やはり京都に来たら一度は訪れたい 舞台よりの眺める秋の紅葉は輝いているでしょう
       隣接した場所に地主神社あり 縁結びの神様で 大勢の若い人で賑わっている 二年
       坂三年坂などの散策も楽しい 国道に続く裏道には清水焼直送の店舗が並んでいる
       手捻りの茶器がいい 私はよくここで 櫻の柄が入った器を購入する
       http://www.kiyomizudera.or.jp/
 
~河井寛次郎記念館  陶芸家河井寛次郎の居宅で昇り窯がある 柳宗悦や浜田庄司や棟
       方志功などと日本民芸運動を起こした創始者の一人で 釉薬の天才であった 寅さん
       シリーズにも登場した居宅 素晴らしい落ち着いたムードが最後をしめてくれる 古風な
       町屋に感動されるでしょう http://www.studiomiu.com/kanjiro/main.html 
 
   ◎ 以上三箇所午前中手一杯 最後の日は欲をかかないこと 東寺 三十三間堂 渉成
          園 西本願寺 東本願寺などは割愛す 駅ビルへ直行 簡単な昼食及びお土産物を物
     色する必要あるかと 遅くとも午後2時までには 解散可能 新幹線駅構内で 京都の地
     ビールをスタンドバーで飲める なかなかの美味しさ
 
 
(余禄 コースにない甘味処や総合案内URLなど)
 
  ☆鍵善良房 黒蜜入り葛切りは絶品 八坂神社直ぐ 向って左
      http://www.kagizen.co.jp/
 
  ★都路里(つじり) 本来御茶屋 抹茶パフェで行列が出来る 支店もあり
 
  ☆ようじや 金箔の裏地利用の本格的油取り紙 他に小物多数 女性客多数
 
  ★いもぼう平野屋本店 海老芋と煮しめ鰊は京名物 円山公園内
 
   ☆松葉 鰊蕎麦は京都のあちこちにあるが ここが初代で柔らか煮の鰊が乗るお蕎麦 南座脇
 
  ★原了郭 八坂神社近く 黒七味は絶品の調味料 赤穂義士の末裔が当主 私の常備品
 
  ☆グルメ情報の定番 京都・百味会 (どこでも お任せで安心)
 
  ★グルメの新しい情報及び京都のポータルサイト 舞妓変身案内も 勇気があったらどうぞ
       http://www.e-kyoto.net/
 
  ☆京都新聞 特別展や申し込み方法など情報満載
       http://www.kyoto-np.co.jp/
 
  ★『旅の香り 時の遊び』 テレビ番組だが 偶に利用することあり そこそこの情報あり
 
  ☆堤個人タクシー 最も信頼している情報通で熱心な方です
 
    尚 拝観料は一人1万円掛かる見込み 予算の設定はそちらで計算して戴きたい そこから
   の逆算がいいかと 河原町で散財すると響く 尚旅行は11月中旬と聞いていますが 紅葉に
   はやや早いかも 今年は遅いと予想している 11/25~12/10がベストかと
 
 以上が初心者向け紅葉見物の定番コースです この際 鷹の峰 鞍馬 大原野 花脊 中京区御所 二条城 宇治 西山などは 敢えて割愛させて戴きました 今回はかなりな強行軍です  主に紅葉を中心にした設計で 皆様には 多少のご不満があると存じますが 取り合えずここまで
(ご予約されるには 混雑する為に多少遅いかも お早めにどうぞ)
 
                                            (コース設計 櫻)
 
         
( ブログ読者の方は それぞれのURLを開かれますと 毎回「戻る」をクリックすることになります MSNの設定が そうなっているようです 尚京都のコースで中級 上級は 別な機会に掲載致します或いは日本各地どこでも設計は出来ますので お声を聞かせて戴ければ それなりにお応えさせて頂きます 無論無料です 但しお早めに 全国4万7千箇所のお祭りのうち8千近くの祭りを見て歩いた産物です 以前不倫とは知らずに設計してあげて 嫌な思い出があったので 旅行の目的は それ以外でお願いしたいです ペコリ )
 
広告
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中