盂蘭盆会の灯がともり

 ① 日本人とお盆
 
 日本民族は 古来より農耕民族でありました 何かいいことがありますと 盆と正月が一緒に来たなどと 今でもよく表現しています お盆も正月も国民の祝日には入っていないけれど 日本人に これほど 最も深く入り込んだ行事はないでしょう そもそもお盆とは 祖先の霊魂を慰めるために 親戚一同が集まって 卒塔婆を立て お墓参りをし お坊さんにお経を上げてもらい 御霊祭りをすると言うものです 旧暦7月15日をその日にあてていますが これを盂蘭盆会(うらぼんえ)と言って 木蓮と言う人が 地獄に落ちて苦しんでいる母親の倒懸(とうけん=手足を縛られ逆さにつるされ 非情な苦しみを受けること)を助けたと言う 盂蘭盆経の説話に基づいている概要なのです 檀家廻りで忙しくしている坊さんは そう言ったご説明をなさるでしょう 実しやかに聞こえて来ますから 結構おもしろいものです こうしたお盆のカタチは意外に新しく 檀家制度が確立した江戸時代になってから こうした仏教的色彩の濃いお盆になったのです それ以前は そうしたお盆では 完全になかったのです 
 
 お盆は 古来からありました 一年を2度の分けていたと言うことは七夕の時もお話しましたが 1月と7月の行事がそれぞれ大変よく似ています ただ改変されたり 解釈が違うようになってりして 具体的なそれらの行事は 現存してるのは非常少なくなっています 農耕民族の日本人は 正月にはトシ神さまをお迎えして その年の五穀豊穣を祈ります お盆の7月には小麦の収穫が終わって その感謝をするのですが 秋に収穫する他の農作物の豊作も祈ります そしてそれぞれに休みがあって 1月も7月も藪入りと言うわけです 実家に帰って 一族一党が一同揃って 正月には 小正月の行事に手伝い お盆は 自分のルーツである祖霊さまを迎えるのです お盆の時は七夕の最後の日 七夕さまを流す際 一緒に水浴びをしますが それは一種の潔斎であって その後精霊迎えから精霊流しまで行う心得が出来るわけです 祖霊=精霊たちは それらのもの達の守護霊となって スーパーマン的に 自分達を助けてくれるのですが 土から出て 土に帰ると言う農耕民族的な発想は残ったままで 従ってすべての者にとって 懐かしく親しみの深い霊魂となっているのです お盆には ムギの収穫で得た中から 加工品を作り ウリや茄子などの産物も 祖霊に対してお供えをする習慣が永く続いたのでした
 
 
 ② 迎え火
 
 お盆とは収穫感謝祭と同時に 年に一度戻って来てくれる祖霊さまに 日頃お守りしてくれる感謝の眞を捧げ 農耕による収穫を ともにお祝いするためのものです その為には祖霊さまをお迎えしなければなりません 先ず祖霊が眠るお墓に行き 草むしりなどをして 墓地から自分の家まで 道に迷わないようにする これを盆道(ぼんみち)と言います お墓廻りのお掃除だけではなく 道案内をするために 所々に高い竿などを刺し そこに提灯などをつけたものでした いよいよ祖霊さまが戻って来る7月13日 家々の戸口や門前で 苧殻(おがら)などを焚いて 神迎えをするのです 或いは霊迎え(たまむかえ)と言いますが 祖霊さまが自分の家に間違いなく 帰って来れると言う意味と 火そのものに神を感じたからでしょう 尚お墓のお参りに使ったお線香やそこで焚く火から頂戴した火で 提灯に火を点し 自宅まで持ち帰るのは 京都・八坂神社の正月迎えの行事であるオケラ詣でとよく似ていますが それは割合 新しい方法で 略式のお迎えであります
 
 
 ③ 盂蘭盆会
 
 お盆には独特の祭壇が設えられました 特に新盆の家では 屋外に精霊棚を作ります ホオズキを吊るし ハギ・キキョウ・オミナエシなど秋の草花を飾り ナス・キュウリ・ウリ・そうめん・だんごなどをお供えします そうめんやだんごなどは 既に終えたムギの収穫を感謝する意味が籠められています そしてこの祭壇があるがために 従来の仏壇は閉じておくのが慣わしでした
 
 又この日は「生きみたま」と言って その家の長老達を集め 他家に嫁いでいた娘達は お米や小麦粉を持ち寄って ご馳走を作り 親筋の皆さんをご接待する習慣もありました
 
 それとお盆の間 村の広場に集まり 櫓を組み 浴衣姿の男女が盆踊りをします これは死霊達をお慰めすると同時に 霊鎮め(たましずめ)の意味が色濃い行事でありました 一晩中踊り明かし 古くは歌垣(うたがき)と言って その日ばかりは 知らない者同士の男女が睦み合っても よしとされた大いなるチャンスの時でもありました この盆踊りも原型です 盆踊りの古いカタチは 輪踊りで その中央には赤々と燃える焚き火が必ずあります 西馬音内の あの美しい盆踊りは この典型です 郡上八幡の踊りもそうでしょう 他にこの範疇に入る行事は ほうか踊り・念仏踊り・さんさ踊り・かんこ踊り・はねそ踊り・ジャンガラ踊り・傘踊りなど多彩且つ多数あります と そんなにたくさんの盆踊りが残っています また精霊火と言って 祖霊さまとともに楽しむと言う考え方と 村に悪霊が入り込まないようにするための火でもあったのです 西洋演劇で言えば カタルシス=魂鎮(たましずめ)の一種なのでしょうね 従って盆踊りの火を絶やさないことこそ 村と言う共同体の公式の行事だったわけです
 
 或いは精霊棚とは別に 施餓鬼棚(せがきだな)と言って 特別な棚ではありますが 精霊棚と同様な棚を作ります 不慮の死を遂げた人 行き倒れになった人 間引きをされた子供など 無念を残した仏は みな無縁仏として扱われ 荒ぶる魂を持っていて 往々にして村に災厄をもたらすと考えられていました 精霊棚とは別に 改めて施餓鬼棚を作り それらの死霊も又 精霊達と同様に 大切にお慰めしたのです 餓鬼道救済の仏教思想が結びついたものでしょう
 
 
 ④ 送り火
 
 盆の行事が終わり 精霊達が帰って行く7月16日(ところによっては15日)日には お見送りのために色々な行事をします 精霊棚や施餓鬼棚に並べてあったナスやキョウリなどに 割り箸などで足をつけ ウマやウシになぞらえて作ります ご先祖さまの精霊達は それらに乗って あちらの世界に帰ると言うのです 精霊棚に飾ってある色んなものの下敷をした筵(むしろ)に それらを一緒にくるんで川や海に流してしまいます
 
 門前や戸口で お迎えをした時と まったく同じように火を焚いて 今度はお送りするのです 精霊達をお見送りをする意味で お墓参りもします お墓でも火を焚き 冥界に行く道中 道に迷うことがないように火を点すのです それが共同で行われると やや大袈裟になります 村はずれや 山の上 或いは海辺などで 大掛かりに送り火をするのです 山梨県南部町で行われる百八灯 京都の大文字山(東山 如意ヶ岳)で行われる大文字焼き 松島・瑞巌寺の灯籠流し 長崎や鎌倉でも灯籠流しがあります 最近では新しく灯篭流しをするところもあるようです 更には京都の宮津や長崎で行われる精霊船流しなど 大小さまざまですが 日本各地で行われています
 
 
 ⑤ 現代のお盆
 
 大都会に住む我々の生活は 多彩で複雑化し せわしくなっています 現代では お盆の概念は非常に希薄になくなっていると言わざるを得ません だが旧暦のお盆になりますと 大都会ではウソのように人が消え 空気の澱みもなくなって 田舎のないものは 逆に妙に淋しい思いをするのです みな生まれ育った山や川のほとりに行き 親兄弟とのんびりしているのかと思うと 澄んだ空気の東京は 何なんだろうと改めて哀しく思うのです でも逆にうれしくもあります 懐かしい親族との 久し振りのご対面で よほど再び新たな空気が注入されている最中かと思うと 年の後半からの仕事ぶりに 気合が入っていることだろうと 微笑ましく思えるからです だが都会にいる人間は人間で やはりお墓参りは欠かせません 少なくとも 祖霊に対する感謝の念とお慰めしたい気持ちは いずことも変わらなかろうと思っています 花咲か爺さんは 本当にいたんだよを 真顔で教えてくれた母 口うるさくことは何も言わないけれど 真面目一方で 厳しい生活態度の父 能の名人だった祖父 英語やフランス語が達者だった祖母 高貴な品格を湛えた曽祖父 公爵家から嫁いで来た勉強家の曽祖母 みな懐かしい顔でなのです しんみり思い出すと それぞれが懐かしく 静かな涙があふれてきます 私はそれぞれの思いのたけを 今にきちんと受け継いでいるつもりですが お盆の時は 久し振りに みなで静かにおしゃべりでもしたいものです 彼岸の人と此岸の人と ちょっとの間同居し 同じものを食べ 懐かしい思い出に花を咲かせる いいじゃありませんか 日本人の習慣は何て豊かに出来ているだろうと こころから感謝したくなるだけなのです 夏川りみの『涙そうそう』でも聞きたいですね
 
 
 ⑥ 習慣習俗の誉れ
 
 江戸時代から お盆の供養は仏教的色彩が濃くなったと言いましたが 古来からあったお盆は それでは神道かと言うと それは当たりません 飽くまでも 正月行事もそうですが お盆の行事もすべて民間の習慣習俗がさせたのです 人間に原初的にあったこころの糧とでも言いましょうか そのことだけはお断りしておきます 未だ病院の中ですが お盆を直前に それだけは書いて置きたかったのです 素直に精霊達との再会を せめて楽しんで下さいね そしてここでも言えることですが 祭りの基本的パターンは同じです 神迎え~神人饗応(神と人が一緒になって楽しむこと)~神送り この3つのパターンこそが お祭りの祖形として言えるのです 少しは整理が出来たでしょうか 今日の記事は病院の茄~~子(ナース)の目を誤魔化し誤魔化し書いたものですから 3日掛けて書きました 幾らか民俗学的に書いたつもりですが 難しかったでしょうか 済みません 偶にはこうした専門的な書き方のものも入れさせて下さいね 
 
 大暑は過ぎて 立秋をとうに過ぎていますが 暑さはまだまだです 暑さ寒さは彼岸までと よく言ったものです もう少しの辛抱ですね お気をつけてお過ごし下さりますよう ご機嫌よう!
 
 
        口絵 日本一美しい 西馬音内(にしもない)の盆踊り
 
            西馬音内の盆踊りにおける精霊火 これを囲んで 輪踊りになるのです 路上
            での場合 踊りの輪は 細長くなりますが ちゃんと火はあるのですよ                  
 
 
広告
カテゴリー: 歳時記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中