朝のご飯で

 朝ご飯は 必ず食べる 普段はフォーションの食パン1枚 スクランブル・エッグ2個 野菜サラダ 1ボール山盛り(中身はその時々による) ヨーグルト無糖500g(種無しプルーン5個入りか スキムミルク入り) 最後にハワイアン・コナコーヒーノンシュガーを ドリップで落として一杯 こうして見ると結構大食漢だ 朝食欲がないと 一日が憂鬱になる 元気は食事からと言うのが 鉄則である
 
 更に朝 必ず食べるものがある 時々雑穀ご飯を食べているが お米のご飯を食べる食べないに関わらず 食前に必ず食べるもの 納豆である こだわり納豆の食べ方は色々で ほとんど毎日変える その納豆のリシピを書きたい
 
 ① 王道納豆
       納豆1個 刻み葱 おかか 酢橘かレモン少々搾る(或いは
       柚子皮刻み)刻み海苔 大根下ろし少々 じゃこ少々 少
       々の出汁醤油 納豆餅にはこのリシピが最適だ
 
 ② 花婿納豆
       高菜系(野沢菜 広島菜 山形高菜など)を刻み 納豆
       1個辛子入り 柚子皮スライス醤油なし 高菜の代わりに
       偶に入れるのが 山形のオミヅケ(=どうもこれは訛っている 
       近江漬けではないかと)である 涙ちょちょ切れの最高の相
       性である これらは大好きなため花婿と称している トホホ
  
 ③ ヨン様納豆
       キムチ又はカクテキを刻み 納豆と合わせる 或いはナムル
       と納豆を合わせるなど 以前朝鮮納豆と名付けていたが 
       冬ソナ以来 ヨン様納豆に変わった ぷっ
 
 ④ ニイハオ納豆
       前日さっと胡麻油で炒めた野菜と納豆1個と合わせる 野
       菜が冷たくないと納豆がふやけるためだ 前日調理 但し
       納豆と合わせるのは食する直前 野菜は大好きな空芯菜 
       黄韮 韮は 茹でるか炒めるなどの後刻んで置く それはX
       O醤少々とオイスターソース少々で味付けしたもの 油は
       極少な目で 強い加熱で処理して置く 
 
 ⑤ からみ納豆
       これは辛味大根をたっぷりすりおろし 蕎麦汁と納豆を合わ
       せる 辛味大根がない場合 普通の大根と合わせる 汁だ
       く納豆で堪え切れない美味さがある 蕎麦好きだからだろう
       ずるずるっ ばさっと 豪快に食す  がば~~ん
 
 ⑥ はんなり芸子納豆
       別に味ははんなりとしている訳ではないが 京都産の漬物と
       合わせるから そう呼ぶ 京漬物なら何でもよろしおす 刻み
       ひの菜 刻みすぐき 刻み京壬生菜 千枚漬け 赤千枚漬
       け 聖護院かぶらの刻み 刻み水茄子 刻み生柴漬けなど
       京漬物なら何でもよろしおすえ 要するに刻んだ漬物であれ
       ば何でもいい おいでやすとか ほほぉ音締めがよくなったなぁ
       とか 嬌声を発しながら食す ぷぷっ
       
 ⑦ 貧乏納豆
       これは味噌と納豆だけで食す 味噌は全国それぞれにあるが 
       塩分の少ない味噌で食す アツアツご飯には最適だ 出来
       れば 赤だし八丁味噌などの 甘み系統の味噌を使うこと
       こうして見れば 決してお金を掛けない納豆ではない ただ手
       間が遥かにお手軽なのだ そして兄弟の味噌との相性が抜
       群でいい 塩分控え目にして 小スプーン一杯くらいが目安
 
 ⑧ 豪華版納豆
       タコ・マグロ・イカなどの刺身の材料をさいの目に刻む 沢庵
       漬け(←これが重要な決め手) きゅうりの一塩もみをさいの
       目に 柴漬け刻み 納豆を入れる そこに汁と生卵をかける 
       最後に醤油を少々たらして入れる 美味くて美味くて困って
       しまうぐらいだ これはお酒のアテにしても最高! ぶほっ
 
 ざっとこんなもんだ 但し上記納豆を作るに際して 必ず守ることが二つある 最初は 具材やタレと合わせる前に ネバネバは完璧に出しておくこと 何故ならネバを出すだけ出せば 臭みはほとんど消える ここが重要で 納豆の旨みや栄養成分も 遥かに向上するはずだ 2番目として具材や
タレを合わせたら ほとんどかき混ぜないこと はさみながら混ぜる (但し味噌納豆の場合は この限りにあらず 寧ろ入れてから 大いにかき混ぜた方がいい) おまけで言えば出来れば 血液サラサラ効果を出すために 食前30分か1時間前食べることを進めたい 以上厳禁或いは注意事項である
 
 納豆を嫌いだって言う人をほとんど信じない 何故かと言えばこれだけの美味を 試しもしないうちに 臭いからとか言って 遠ざける人とは先入観が強すぎる人だと思うので 商売は一切しない 危ない危ない そう思うことにしている こんな食べ方の どこに臭みがあるのだろうか まったく臭くはない 工夫次第で どうにでも出来るからである 納豆と醤油だけではまったく食べない主義でもある 具にも 花があり 面白がって食べたいのだ
 
 海外でも納豆が売られるようになった 但しアンカレッジと言う人口たった55万人に満たない 小さな街があるが ハワイのアラモアナ・ショッピング・センターのような 巨大スーパーが何と28箇所もあり そこだけは高すぎてよろしくない 一個約800円 多くはユダヤ系統のショッピング・モールであろう だが何でも揃う 真冬でも大粒の葡萄だって どんな種類でもある インスタントのカップヌードルなども 1個約1000円で 馬鹿馬鹿しい限りである 納豆を食するのに タキシードでも着なければならないのか 憤慨にたえない 以上納豆アラカルトでした
 
                                    
                                                         口絵  浜なでしこの花
広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中