般若の哀しみ

 能に 般若の面がある 葵の上・黒塚・道成寺などに使われる いかにもおどろおどろしい面だから 多くの方々がご存知だろうと思う 特に道成寺は 同じ曲として 歌舞伎や舞踊にもある だが よく知られるこの曲の由来は 案外知られていない
 
  鐘がなかった道成寺に 新しく鐘が取り付けられ 仏事がにぎにぎしく執り行われることになって
  いた その際娘達は 一切境内に入れてならないと言う緘口令が敷かれる ところが そこへ
  美しい白拍子(芸子)がやって来る 寺男は あまりの美しさに 即座に境内に入れてしまう 白
  拍子は 真新しい鐘の前で美しく舞って見せる 夜更けになった頃寺男の隙をついて その女性
  は もの凄い音量の勢いで 鐘の中に飛び込んでしまう 慌てふためいて驚いた寺男は 僧にそ
  の経緯を報告すると 何故今ま で道成寺には 鐘がなかったのか 僧は由縁を語り始める
 
  昔 庄司と言う者がいた 陸奥の国から熊野詣でにやって来る伏達の定宿になっていた主だ
  そこに娘がいた いつも来る山伏は冗談半分で お前は私の結婚相手だからなと 毎年同じよ
  うに 娘に言う ところが その娘は それをすっかり信じてしまっていた 或る時いつまでこのまま放
  っておくのかと 山伏に詰問する 驚いた伏は 一目散に逃げ出し 道成寺の鐘を下ろして
  そこに隠れしまう 処が娘は 思いの丈を籠めて追い掛けて行く 日高川を渡り終えると 何と
  娘は蛇になっていた それから道成寺の鐘にがみつくと 鐘はもろくも溶け出し 山伏もろとも
  消えうせてしまうのだった と
 
  きっとその娘だろうと 僧は言い 強力な呪文を唱えながら 真剣祈りを捧げる そして鐘を揚
  げて見ると やはりそこには般若をつけた蛇が現れる その蛇は 僧の必死の祈りによって説
  伏せられ やがて哀れにも 日高川に飛び込んで消え果ててしまう
 
 哀しい話である 前シテの白拍子の時は若女の面であるが 後シテの時鐘を挙げ 鐘の中からは 般若の面で登場する 悪戯な男女の仲はあり得ないと言うことだ 飽くまでも女性の心情を綴った話であるが 今や男女区別はなかろうと思う 純粋に思うこころに 年齢差や性別や時代や国
境や身分などあろうはずがないのである 
 
 この般若の面を打つ(彫るとは言わない)時に 最も美しい女性を想定して 打たないと まったく打てない面だと 面打ちの人達は 口々に 口をそろえて言う そう言えば よく見ると 般若の面ほどの美人はいないのではなかろうか 般若の面こそ 無垢の象徴は ないような気がする
 
 処で 今日の口絵は 或る方のプロフィールであった ただ般若の話を思出して その絵から 新しく美人の想定図を起こしていた その図である こん美人は現存していない ただ一つ言えることは般若の面も 普段の顔の面も 表裏一体を 意味していようと思う
 
 
広告
カテゴリー: メモリー パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中