青梅煮

 庭の梅の木に まだ青々とした実がなっていた どろんとした熱気の中に 梅は元気いっぱいだ 今朝 特別なげんなりする暑さだ それでも風があればいいのだが 風は一向に吹いて来ない 朝からベッドで ぐずぐずして ずっと寝ていた そこで一念発起して 料理することにした 青梅を収穫し 真っ青な梅煮を作ろう 久し振りの献立である

 

 未だ硫酸銅があるだろうか 梅を色よくするのに使う硫酸銅は一般の人には 売ってくれない ちゃんと 調理師の免許を提示しなけらばならない 微量だがあった それを250度と言う高熱で溶かし 梅煮をする 梅に竹串で 所々穴をあける 梅の皮が破れないように その上 梅が踊らないように 気を張って 弱火に掛ける 煮汁の中に 酸銅の溶剤を放つ 程なく煮汁からそっと取り出し 水を流しながら 梅についた液を流す それも調理用のスダレを上に掛け 少しずつ流す ようやく仕上がった青梅煮が出来る それに掛ける涼しげな餡も作る 餡は梅酒・砂糖・レモン汁・塩(普通の和風出し汁でもいい)などを 吉野葛でゼラチン状に固め 冷蔵庫で冷やしてから 細かく切る

 

 昼 氷水の中に 茹でた三輪素麺を放つ 紅葉の葉を庭から取り それを上に掛ける 青梅煮も置く 割合7;5;3で作った麺汁に 刻浅葱や茗荷を散らす 蕪を塩揉みし 更に酢橘を搾って入れた浅漬けも 食卓に出す 青梅煮の残りに餡を掛ける 漸く食欲が出るたかが180グラムの素麺を食べるのに 結構な仕事だった

 

 こんな時期から暑さにやられてはいられない だが夏本番かと思う そうだ 今日は 風鈴を出そう この滴る 汗も いいのかも知れない こんな暑い最中に 想像力をうんと働かせながら 旧約聖書を読もう

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中