蓬莱

 

 朝6時からの朝食付き役員会議がやっと終わった 

今日は休養をしたい 東京を離れる予定だ 

伊豆山に『蓬莱』と言う和風旅館がある そこで ゆっくりと眠ったり湯に浸かったりしようと思う 

頼朝と政子が出逢った伊豆山神社のすぐ傍にある 

部屋からは 椎の木の原木越しの前面に 伊豆の海が大きく見える 

中でも 小督(こごう)と言う部屋が特に好きだ 取れるだろうか 部屋以外の湯は 坂の途中にある

 潮騒しか聞こえて来ない 旅館で自家製の干物があり 絶品の美味さである 帰りにはいつもそれを求めて帰る 

この部屋は渡邊淳一氏の小説『化身』の舞台にもなっている 

そう言えばいつだったか 京都駅の中にある カウンターバーで地ビールを飲ませるコーナーがあるが 

その隣席で偶然に 渡邊淳一氏と出逢った 連れはいたのもの 構わず話し掛けた

 とてもシャイな感じのする人だった 流行作家によく見受ける派手さはない 純朴な感じの男だった 

そこに女性にもてるコツがあるのだろうか お互い地ビールを飲みながら話した 

その時から 彼に幾らか興味を抱き 何冊も読んだ 初期の頃の小説が気に入った 

それも偶然だったが 伊豆山の蓬莱の話に及んだ

 書の上手な女将の事 料理 部屋 湯 活け花 そんな風な話だったと思う 

多少ドモリながら 返答する渡邊氏が奇異で可笑しかった 

可愛い人だ 大先輩の人に対して大変失礼な話であるが 

小説から来るイメージと実像に 随分と開きがあるようで可笑しかったのだ 

今日も女将とは 顧客でもあるだろう渡邊淳一氏の話は出さないでおこう 

ノートPCと読み始めた旧約聖書を持って出よう 

明日は台風が来るらしい

 

 

広告
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中