戦陣 いまだ終わらず

 フィリピン・ミンダナオ島で 驚くことに旧日本軍の兵士達が見つかったと言う 今回は 2名名乗りあげ

ているらしい 仲介の日本人によれば 現在のところは 未だ実現に至っていないと言う 小野田少尉

の帰還が最後かと思われた だが未だに彼らのとっては 太平洋戦争は終わっていなかった こんな愚

かとも思われるほど 平和ぼけしている日本に ぬくぬくと生活をしていて 何か後ろめたいような気分に

もなって来るが 本当にお気の毒としか言えない 小野田少尉帰還の際 上官の命令がなければ出

て行けないと突っ張っていたらしい そこで当時存命していた上官が小野田少尉に投降命令を出し 

ようやく帰還することに応じたと言う 今回も再び このような切迫した事態になるのか 私は静かに見

っていたい 南方インドネシア戦線で 見事に戦死した 私の祖父吐息にも似た熱い思いを今

観じる 又僅かか18歳の若さで昇進させられ 回天と言う片道切符の魚雷に乗り 敵戦艦に激

突し 名誉の戦死を遂げた多くの若者や特攻隊で見事に散った若者達は 日本をどのように

思っているだろうか 今まさに ミンダナオ島で発されようとしている老兵士たち全員が 無事早く

帰って来て下さることを切に祈りたい 私はいつしか ビルマの竪琴と言う映画を思い起こしていた

 まさか 帰ることがないとか あり得るかも知れないのだが(尚この文章中で 名誉と言う表現は極

めて遺憾に思います だが戦死されたご本人達ご家族達が 不本意にもそのような意識の中で 

亡くなりになられたとしたら 致し方なく使わざるを得ず)

広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中