十六夜の月

 

 

先ほど もっとも信頼していた人が亡くなった 

ヤスさん!落語関係出身の人だった 

いつかあった こころと言う NHKの朝の連ドラをともに楽しんだ

思い出が残る 

ある人にそれを書いてやったら 

哀しみはいつでも味わえる

ただご一族の傍にいてやれと言うお言葉 

無責任なモノの言いようだけれど

最も 我を知る人の言葉 

重くていい 今 正気を取り戻してから 

病院に行こうと思う 

冷たくなっても ヤスさんはヤスさん

 ここに書くしかない辛さ

さぁ元気出して行こう 

向こうに旅発つ人も都合があるだろうから 

気楽にしてやろう 

今晩は 雲から隠れたり出たりしている十六夜の月 

いじわる

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中