靖国神社について

 靖国神社の問題は近隣諸国で大きく取り上げられ 日本人の間でも話題になること多い それ

で私信としてここで敢えて取り上げたいと思う そもそも靖国神社は 明治のご維新の際 戊辰戦

争で亡くなった方を葬ったことが契機であった 明治2年東京招魂社として発足し 明治12年に

靖国神社として改称された それ以来西南戦争 日清戦争日露戦争 支那事変 満州事変 

第一次世界大戦 第二次世界大戦などで亡くなった246万柱の英霊の御霊をお祭りすると言う

歴史があった ここで 私が注目したいのは 発足当時への疑義である 戊辰戦争で敗れた兵士は

ここにはいない あのご維新の際 徳川方について戦死した多くの日本人は そこには入れなかった

 運良く薩摩や長州に錦の御旗を掲げられたから 一転して 徳川方が賊軍になってしまった あ

の時徳川慶喜は 最後まで新しい政府で働きたかった筈会津藩やその他幾多の幕藩も ある意

味では そうであったに違いないそれが どうして日本を代表する国家護持の神社になるのか 分か

らないのだ 徳川方に組し敢えて戦うことを選択した多くの青年達は 日本の国家観や国に反逆し

たのだろうか 私信の靖国神社は 真の意味で 日本人を代表する神社とは言いがたいと思ってい

る 更に第二次世界大戦で裁判に掛けられ A級戦犯として同時に葬り去られた人も日本では 

死んだらみな同じと言う思想があるのは 先刻承知しているが 近隣諸国の反目を得ても それを

堅持して行かなければならぬ道理が実は分からない 一部の人達によって天皇が担ぎ上げられたと

しか思えないのだ 従って 新たに国立墓地の建設とそれの無宗教化を私は賛成する 処で 中

国や韓国に言われたからと言って 慌ててお参りを止めるのも 絶対にしてはならない これこそ 日

本人の問題なのだから 内政干渉されては 決してならぬ ただ一つだけ 問題がある 戦中日本

軍として 徴兵され かの国で散った多くの韓国人もここに祀られている 靖国神社は 韓国政府

に対して その名簿を提出するのを拒んでいる件だ やはり親族は 親族で 祀ってやりたいのだと

思う 素直に名簿の提出を期待したい 日本書紀の時代からの日本人の根幹を 大きく議論して

はどうかと思う 更に言えば あの日の丸に未だに反抗して 国旗を掲げない先生方がいると言う 

それもどうしても理解に苦しむ サッカーの時だけの旗かと問いたい 国旗だって 多くの議論などを経

ればいいのではないか 多分殆どの人達にとって 日の丸は愛着が強いと思うけれど 国歌も国旗も

大いに議論していいと思っている その後に 国旗などに叛旗を振るうなら それこそ 反逆を捉えら

れてもいい とかく日本人は 戦後処理の件でも セレモニーが下手だ 今まで中国に一国の総理

総裁が17回も謝っている 尚かつくすぶり続ける中国は間違っている どこに 日本人の誰に 再

び植民地支配を目論む戦争をしたいと思うのか 明らかに 戦後の日本人は その殆どが 全く別

な道を歩んでいると言うのが 現実ではないのだろうか 見れば分かる筈毎年多額のODNを受けて

 経済大国にならんと 日本の協力を大いに受けているにも関わらず 在中公館を デモで傷つけ

られて黙っていると言うのか 謝罪をしない国であって 中国のトップが謝罪したら あの多くの民がい

る中国人を律することが出来ないとでも言っているようなもので 今回のデモも 官製デモと言われ

ても仕方がなかろうと思う そう言えば 中国は 未だに一党独裁の国であって かの北方の国と何

ら変わりない部分があるのかと思う

広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中