激しい春の雨に

 

激しい春の雨に 昼寝から 途端に醒めて 未だそこここに残る

櫻花を思う ただ 思いつくせるわけではないが 

現在関山とか天の川などが満開なのであろう 八重にも

思い出がある 松前に行った時のことである 松前には 櫻の

名人と称されて 新種の櫻を何種類も作った人が二人もいる 

長く中学校の先生だった一方の人と出逢ったことがあった

新種の櫻を作ったからと言って 何も自慢気にしていない 

本当に櫻が 好きな方とお見受けした こんな人がいるところに 

住居を移したいものだと何度思ったか知れない 松前 櫻の里

民は全部で 1万人足らずで 櫻だけが 2万本もある 北

海道には 蝦夷山櫻だけではないと しみじみ思う さぁ 

明日の夢は 小樽の銀麟荘で 北国の冷たい風のふきっつらし

の中で 蝦夷山櫻でも 堪能しようか そう言えば 銀鱗荘は 

小樽市さくら町にある料亭旅館だった

 どこまでも 花を追い掛けて 歩きたいものだ

 

広告
カテゴリー: 健康 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中